最近流行りの8資産への分散投資だけでなく、リスクも一定範囲内に抑えることで、
投資初心者の心を鷲づかみにしている『しあわせの一歩』。

耳障りのよい言葉がならんでいるので、何となく安心だと思ってしまいがちですが、
冷静に考えれば、なぜ投資するのかよくわからなくなるファンドです。

今日は、リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』について
徹底的に分析していきます。

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』の基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、国内外の8資産に分散投資を行い、中長期的に安定的なリターンの
獲得を目指します。

ファミリーファンド方式を採用しており、下記のようにパッシブファンドで
構成されています。

運用の特徴は?

運用の大きな特徴として、ポートフォリオの変動リスクを年率2%程度に抑えた
安定的な運用を行います。

どのように抑えるのかということですが、下図のように、各アセットクラスごとに、
価格の変動要因が違いますので、価格変動の要因となる事象を均等に配分することで、
分散効果が最大化するように比率を調整しています。

リスク2%ということなので実際は下図のように国内債券や先進国債券で
投資比率が70%超となっており、株式の比率は実質10%以下しかありません。
リスクを極力抑えたポートフォリオになっています。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』はすでに1000億超
集まっているので、特に心配はいりません。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』の実質コストは
0.767%となっており、通常のアクティブファンドよりコストは低いですが、
実際このファンドが購入しているのは、超低コストのインデックスファンドなので、
それを考慮すると決して安いとは言えません。むしろ高いと言えるでしょう。

購入時手数料 1.08%(税込)
信託報酬 0.7452%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.767%(概算値)

※第10期 運用報告書(決算日2018年7月10日)より

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』の評価分析

基準価額をどう見る?

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』の現在の基準価額は
9946円となっています。リスクを±2%内に抑えているため、基準価額の変動は小さいです。

しかし、株式が絶好調だった2017年に+2%しか利益を出せていないのは、
明らかに機会損失をしています。

逆に2018年の1月末に市場が暴落したタイミングで、リスクを下げたことで、
反発して利益が出るところを捉えられていません。

大きく下落したあとにリスクをとって巻き返しを図れないので、
当分、今の水準をうろうろするしかないでしょう。

利回りはどれくらい?

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』の直近1年間の利回りは
▲0.64%となっています。

正直、投資する意味を感じない程度のリターンしか出せていないことがわかります。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※2018年9月時点

四半期別運用パフォーマンス

毎年のパフォーマンスがどうだったのかも気になるところだと思いますので、
載せておきます。参考にしてください。

分配金の推移は?

分配金をあてにして投資をするようなファンドではありませんが、
2月に1度分配金が出ていますので、簡単に紹介しておきます。

現在は2月に1度10円の分配金が出ています。
基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りも0.6%程度なので、
今後もこの程度の分配であれば、継続していくでしょう。

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで
一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入している人が
多いということなので、評判が良いということです。

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』は毎月資金が
流入しており、直近での流入額はどんどの増えています。

つまり、それだけ多くの投資家から人気があるということです。
ただし、人気がある=優れたファンドであるとは限りませんので、ご注意ください。

リスク抑制世界8資産バランスファンド『しあわせの一歩』の今後の見通し

いかがでしたでしょうか?
このブログでも何度も言っていますが、リスクを取りたくないのであれば、
投資をしないほうがいいです。ムダな心労を抱えずに済みます。

このファンドで一番得をしているのは誰だと思いますか?
それは、運用会社と販売会社です。

彼らは毎年0.8%程度の手数料を取るわけですから、あなたは0.8%以上の
リターンがなければ、彼らが儲けるためにお金を出しているようなものなのです。

この程度の利回りであれば、米国債やオーストラリア国債に投資をしたほうが
よほど安定してプラスのリターンを得ることができます。

大切なお金を減らしたくないという気持ちもわかりますが、
そもそも資産を増やすために投資をしようと決めた思いを忘れないでください。
増えない投資では意味がありません。