2019年にレバレッジ型ファンドが急激に注目を集めましたが
その波を受けて注目が集まったのが、ダイワ 米国リート・
プラス(毎月分配型)です

 

2019年のはじめには100億円程度しかなかったファンドが
一気に10倍の1000億円を突破しました。

 

名前だけ見ると、ただの米国リートのように見えますが、
通常のリートとは違う特徴を持っています。

 

今日はダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)を
徹底分析していきます。

 

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)為替ヘッジなしの基本情報

投資対象は?

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の投資対象は、
米国リート100%程度と米ドル建てのバンクローン80%程度
の投資効果をもつ連動債券です。

 

ファンドの名前だけを見ると米国リートに投資をしている
ように見えますが、実際には債券に投資をしているという
のが特徴です。

 

では、どのようの米国リートに投資をしているかと言うと、
ダウ・ジョーンズ米国不動産指数を対象としたスワップ
取引を活用します。

 

バンクローンとは相対的に信用度の低い企業に対する貸付債権
で、投資適格未満(BB)の事業会社に行う貸付債権のことを
さします。

 

銘柄数を増やすことでリスク分散を行い、相対的に高い
利回りの獲得を目指します。

 


※引用:交付目論見書

 

投資対象はさきほども言いましたが、実質的には米国リート
とバンクローンに投資をしているような運用になるのですが
投資対象自体は債券になります。

 

感覚的には純資産に対してレバレッジを1.8倍にして、
米国リート100%、バンクローン80%に投資をしている
ようなイメージですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

 

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

 

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)は2018年頃まで
100億円もなかったのですが、2019年にレバレッジ型の
ファンドに注目が集まるタイミングで人気が出てきました。

 

規模としては全く問題ありません。

 

毎月分配型のファンドにここまで大きく流入するのはかなり
珍しいですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買手数料や
有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の実質コストは
1.877%とかなり割高です。

 

それに加えて高い購入時手数料もかかりますので、購入した
初年度から5%近く資産が目減りしてしまいます。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.847%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 1.877%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)為替ヘッジなしの評価分析

基準価額の推移は?

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の基準価額は
直近3年間で約10%程度の下落にとどまっています。

 

毎月分配型のファンドで基準価額が10000円をきっていない
ということは過剰な分配があまり行われていないという
ことなので、その点は評価できますね。

 


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の直近1年間の
利回りは+27.21%と好調です。

 

リートの収益に加えてバンクローンの収益が上乗せされ
ているため、利回りもかなり高くなっています。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +27.21% 1%
3年 +6.87% 10%
5年
10年

※2020年1月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外REIT ランキング

 

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、ダイワ
米国リート・プラス(毎月分配型)の基準価額の変動幅の
大きさを知るには役立ちます。

 

米国リートの3年平均の標準偏差13程度なので、米国リート
と値動きの幅はほとんど変わらないことがわかります。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じ
でしょうか?

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 11.20 61%
3年 13.01 73%
5年
10年

※2020年1月時点

 

年別のパフォーマンスは?

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の年別のパフォー
マンスも見てみましょう。

 

米国リート単体のファンドと比較をしても、バンクローンの
パフォーマンス分、リターンが上乗せされています。

 

直近3年間は少なくとも戦略がうまくはまっているようです。

年間利回り
2019年 27.21%
2018年 ▲10.47%
2017年 +7.17%

※2020年1月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)に投資を検討する
上で、類似ファンドとのパフォーマンス比較をしてみましょう。

 

今回は、米国リートに投資をしている代表的なファンド
3本と比較を行いました。

 

結果は、終始ダイワ 米国リート・プラスが優位になっている
ことがわかります。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)に投資をする前に、
最大でどの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは
非常に重要です。

 

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

 

それではここでダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の
最大下落率を見てみましょう。

 

最大下落率は運用期間がまだ短いので10%程度しかありません
が、リーマンショックのときは1年間で50%程度下落したこと
もありますので、株式と同程度には下落すると思っておいた
ほうがいいですね。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

 

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲11.59%
3カ月 ▲12.48%
6カ月 ▲9.29%
12カ月 ▲10.47%

※2020年1月時点

 

分配金の内訳と余力は?

毎月分配型のファンドに投資をするのであれば、分配金が
ちゃんとファンドの収益で賄われているのか確認しておいて
損はありません。

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)では、分配金の
うち2割程度が当期のファンド収益以外から出されています。

 

基準価額が大きく下落している場合は、注意が必要ですが、
このファンドの場合は基準価額10000円を超えていて、
健全な分配が行われているので、今のところは気にしなく
ても大丈夫ですね。

 

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情が
ない限りは毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
34期 90円 1円 3,826円
35期 100円 16円 3,827円
36期 100円 23円 3,824円
37期 100円 29円 3,820円
38期 100円 23円 3,814円
39期 100円 12円 3,815円

評判はどう?

それでは、ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)の
評判はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入
を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)は2019年に急激に
資金流入が起きており、人気が爆発していることがわかります。

 


※引用:モーニングスター

 

ダイワ 米国リート・プラス(毎月分配型)為替ヘッジなしの今後の見通し

いかがでしょうか?

 

2020年は大統領選があり、米朝貿易問題もくすぶっていますが
米国経済は、好調な労働市場を背景に、今後も底堅い展開が
予想され、米国の実物不動産市場も、賃料上昇・物件の稼働率
など堅調を維持すると想定されます。

 

現状、バンクローンと米国リートの組み合わせが非常に
うまくかみ合っているので、米国リート単体のファンドより
アウトパフォームしていますが、はたして今後も好調を維持
できるかはもう少し様子をみたいところです。

 

毎月分配型のファンドとしては健全な分配が行われている
ということもあるので、タコ足配当のファンドよりはまだ
投資価値があると言えると思います。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点