2015年以降、爆発的な人気を見せているスパークスの厳選投資。

私自身も2010年ごろから投資をしており、3~4倍ほど資産が増えています。

一般的には、幅広い銘柄をもつことで、リスクを分散することができると
言われていますが、本当に銘柄選定に自信のある運用会社は銘柄を
絞り込むものだと思っています。

ブログで何度も紹介はしていますが、詳細分析はしてこなかったので、
今日は徹底的に分析していきます。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド「厳選投資」の基本情報

投資対象は?

投資対象は、日本国内の株式で、高い技術力やブランド力があり、
今後グローバルでの活躍が期待できる日本企業を中心に投資を行います。

スパークスでは、このような企業を新・国際優良企業と呼んでいますが、
もう少し具体的に説明すると、①国内市場において圧倒的なシェアを獲得しており、
②今後、海外売上高比率の拡大も期待することができ、③世界的なブランド力を
有することが期待できる企業のことを指します。

海外進出に成功した企業というのは、新興国などの世界経済の成長からの
恩恵を受けやすく、世界的に通用するブランド力を有することで、
外国人投資家の投資対象にもなるというメリットがあるわけですね。

では、新・国際優良企業とは具体的にどういった企業なのか、
厳選投資の組入銘柄を見てみましょう。

現在、15銘柄に投資をしており、そのうちの上位10銘柄を載せています。

1位はソフトバンク、2位は花王、3位はリクルートということで、
どの企業も知らない人はいないような有名企業が並んでいますね。

運用体制は?

厳選投資が圧倒的なパフォーマンスを残せているのは、スパークスの運用体制にあります。

「マクロはミクロの集積である」という投資哲学に基づき、年間2500回以上の
企業訪問をもとに、財務諸表を多角的に分析し、割安な企業を探しています。

15銘柄に厳選して投資をするというのも特長で、集中投資はリスクが高いとも
思われがちですが、銘柄選定に自信があるからこそ、絞り込めるわけですね。

銘柄選定に自信がない運用会社ほど、リスク回避の意味を込めて、
100社200社と組入銘柄を増やしていたりします。

ファンドマネージャ-の武田政和さん率いる運用調査部の平均運用年数は
14年と長く、経験豊富なベテランが企業調査の分析・調査を行っています。

純資産総額は?

続いて、厳選投資の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

厳選投資は2015年に野村證券が取り扱いを始めたことで急激に純資産を
増やしており、2017年もパフォーマンスは悪くなかったものの、
他のファンドのパフォーマンスが優れていたため、資金が一部流出しています。

それでも純資産は1000億ほどあり、人気のファンドとなっています。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

厳選投資の実質コストは1.817%となっており、平均よりかなり高い
コストとなっています。

高い運用実績がでているので良いですが、普通であれば、コストが高すぎてまずおすすめしませんね。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.7712%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.817%(概算値)

スパークス・新・国際優良日本株ファンド「厳選投資」の評価分析

基準価額の推移は?

スパークス・新・国際優良日本株ファンド「厳選投資」の基準価額は、2018年1月末に
大きく下落しましたが、半年かけて当時の水準まで戻してきました。

TOPIXや日経平均はなかなか基準価額が戻ってきていませんが、徐々に
優秀なファンドは2018年1月末の水準まで戻してきています。

利回りはどれくらい?

つづいて、厳選投資の運用実績を見てみましょう。

直近1年間の利回りは18.92%と高いパフォーマンスとなっています。

5年平均利回りで20.92%、10年平均利回りで14.13%といずれもかなり高い
パフォーマンスです。

国内大型株式カテゴリーで、1年、3年、5年、10年のどの年でも上位5%程度に
ランクインしており、いかに優れた運用を行っているかがわかりますね。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率はどれくらい?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2008年8月に一番タイミング悪く買って、2009年1月に一番タイミング悪く
売った場合に最大-24.80%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

上述のとおり、長期で保有していれば、圧倒的なパフォーマンスが期待できます。

事前にどの程度下落するかを把握しておくことで、もし大きな下落相場が来ても、
気持的にも耐えることができるようになるでしょう。

評判はどう?

続いて、厳選投資の人気度合を見ていきたいと思います。
人気度合を測る指標としては、ファンドへの資金流出入額が参考になります。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入していると
いうことなので、人気があるということになります。逆に資金が流出している
ということは人気がなくなっているということですね。

2015年に野村證券で販売されるようになったタイミングで巨額の資金が流入しています。

特徴的なのは、2017年です。パフォーマンス自体は悪くなかったのですが、
他のファンドのパフォーマンスが高すぎたため、目先の利益で動く投資家がファンドを
売却したようです。

直近ではまた資金が流入していますので、改めて厳選投資の良さに気づいた投資家が
購入しているということでしょう。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド 厳選投資の今後の見通し

スパークスという名前を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、運用に携わっている
人間に言わせると、「日本株のアクティブファンドに投資をしたいなら、スパークスが無難」
と言われるほど、日本株=スパークスが強いという公式が業界に広まりつつあります。

何度も繰り返しになりますが、圧倒的な分析力をもとに、20銘柄程度に絞り込めるのは、
運用における自信の表れです。普通はできません。

「マクロはミクロの集積である」という投資哲学が社内のDNAとして、受け継がれている限り、
運用体制が一部変わったとしても、分析力が大きく落ちることはないと考えており、
厳選投資は高いパフォーマンスを出し続けてくれると思いますので、引き続き期待したいと思います。