インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている大和証券投資信託委託のiFreeシリーズ。

今日は、大和証券投資信託委託のiFree新興国株式インデックスについて徹底的に分析したいと思います。

「iFree新興国株式インデックスって投資対象としてどうなの?」

「iFree新興国株式インデックスって持ってて大丈夫なの?」

「iFree新興国株式インデックスより良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、悩みは解消すると思います。


iFree新興国株式インデックスの基本情報

投資対象は?

投資対象は、新興国の株式とし、FTSE RAFI エマージングインデックス(円換算)に連動する運用成果を目指します。

FTSE RAFI エマージング インデックスとは、FTSE社による基準をクリアした新興国上場株式の中から、4つのファンダメンタル指標(株主資本、キャッシュフロー、売上、配当)に着目し、リサーチ・アフィリエイツ社独自の手法により、上位約350銘柄の選定を行っている指標です。

国別の構成比率は以下のようになっており、中国、アメリカ、ブラジルの比率が高くなっています。業種別で見ると、金融・エネルギーの比率が高いです。


※引用:マンスリーレポート

つみたてNISAとiDeCoの対応状況は?

iFree新興国株式インデックスのつみたてNISAとiDeCoの対応状況を確認していきます。iDeCoでも取り扱いがありますので、積立投資をする場合は、積極的に活用していきましょう。

つみたてNISA iDeCo
ソニー銀行
松井証券
マネックス証券
SBI証券(セレクトプラン)
滋賀銀行

※2022年10月時点

純資産総額は?

続いて、iFree新興国株式インデックスの純資産総額はどうなっているか見ていきます。純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。純資産総額が小さいと運用が効率的に行えず、余計なコストが発生したり、運用会社も運用に力を入れないため、パフォーマンスが優れないといったデメリットが発生します。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

iFree新興国株式インデックスは下図のように2016年の新規設定以来、純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約85億円となっています。

ファンドの規模としてはまだ少し心許ないですが、着実に純資産を積み上げているので心配はないです。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

FTSE RAFI エマージング インデックス連動型のファンドは運用会社各社が作っていますが、運用リターンはFTSE RAFIエマージング インデックスに連動するため、どこも差がつきません。そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

iFree新興国株式インデックスの実質コストは0.658%となっており、信託報酬の1.8倍くらいになっています。新興国系の株式ファンドはやはり実質コストが高くなりがちです。

購入時手数料 0
信託報酬 0.374%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.658%(概算値)

※引用:最新運用報告書

「ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?」と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

iFree新興国株式インデックスの評価分析

基準価額をどう見る?

iFree新興国株式インデックスの基準価額は、コロナショックでの下落を2020年中に取り戻し、2021年以降は上下に大きく変動しながら、少しずつ基準価額が上昇しています。


※引用:モーニングスター

利回りはどう?

つづいて、iFree新興国株式インデックスの運用実績を見ていきます。

直近1年間の利回りは▲0.55%となっています。3年平均利回りは7%ですので、まずまずといったところです。ちなみに投資信託は長期保有が前提になりますので、あまり単年のマイナスは気にしなくても大丈夫です。

ただし、この利回りだけをみてパフォーマンスの判断をするのは時期尚早です。しっかりと他のファンドとパフォーマンスを比較したうえで投資をするようにしてください。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 ▲0.55%
3年 +7.17%
5年 +3.49%
10年

※2022年10月時点

同カテゴリー内での利回りランキングは?

iFree新興国株式インデックスは新興国株式(複数国)カテゴリーに属しています。

同じカテゴリー内でのパフォーマンスのランキングを見ることで、ファンドの利回りを見るだけではわからなかったことが見えてくるので、おすすめです。

1年、5年平均利回りは上位30%に入っており、優秀ですが、3年平均利回りは平均以下の水準となっています。

インデックスファンドでこのランキングなのであれば、及第点と言えると思います。

上位●%
1年 26%
3年 53%
5年 29%
10年

※2022年10月時点

年別のパフォーマンスは?

つづいてiFree新興国株式インデックスの年別のパフォーマンスを見てみましょう。

2桁のプラスを出しては、翌年に2桁のマイナスを出しており、これでは投資家も安心して投資をすることができません。

平均するとプラスの利回りで運用ができていますが、毎年プラスの運用ではなく、マイナスの年もありながら、平均するとプラスという運用スタイルなので、その点は理解した上で投資をするようにしてください。

年間利回り
2022年 ▲1.83%(1-9月)
2021年 20.29%
2020年 ▲7.80%
2019年 16.23%
2018年 ▲11.57%
2017年 20.55%

※2022年10月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、重要なテーマです。ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみてください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

インデックスファンドとの比較

iFree新興国株式インデックスへの投資を検討するのであれば、他のインデックスファンドとパフォーマンスを比較してから投資をしても遅くはありません。

iFree新興国株式インデックスと同じように、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドである、eMAXIS Slim新興国株式インデックスたわらノーロード新興国株式と比較しました。


※引用:モーニングスター

ほとんどの期間で、eMAXIS Slim新興国株式インデックスが一番優秀なパフォーマンスでしたが、直近の直近でiFree新興国株式インデックスが逆転しました。

同じインデックスファンドなのになぜここまでパフォーマンスに差が出るのかというと、ベンチマークとしている指数が異なるからです。

この結果を見ると、明らかに値動きの仕方は違いますが、パフォーマンス自体はほとんど遜色ないので、どちらのファンドを選んでも良いと思います。

アクティブファンドとの比較

新興国株式のインデックスファンドに投資をするのであれば、アクティブファンドとパフォーマンスを比較してからでも、遅くありません。

今回は、新興国株式ファンドの中でも非常に優れた成果を出している未来の世界(新興国)と比較をしました。


※引用:モーニングスター

ほぼ全期間で、未来の世界(オレンジ線)のパフォーマンスが上回っていたのですが、直近の直近でこちらもiFree新興国株式インデックスが逆転しています。

未来の世界(新興国)の値動きの大きさを見ると、着実に運用できているiFree新興国株式インデックスのほうが安心して投資ができそうです。

ifree新興国株式 未来の世界(新興国)
1年 ▲0.55% ▲19.23%
3年 +7.17% +7.90%
5年 +3.49%
10年

※2022年10月時点

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点です。

もちろん標準偏差である程度計算することもできますが、やはり実際にどれくらい下落したことがあるのか把握したほうがイメージが湧きます。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計したものを載せます。

期間 下落率
1カ月 ▲23.08%
3カ月 ▲31.95%
6カ月 ▲22.92%
12カ月 ▲27.08%

※2022年10月時点

iFree新興国株式インデックスの最大下落幅は、2020年1月~3月の31.95%となっています。新興国株ならこれくらいの下落は当然と思ったほうがいいですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

評判はどう?

続いて、iFree新興国株式インデックスの評判を見ていきます。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入しているということなので、評判がいいということになります。

iFree新興国株式インデックスは2016年の新規設定以来、ほとんど毎月資金流入しています。つみたてNISAやiDeCoの対象となっていることも要因の1つだと思いますが、あまり何も考えずに投資をしている人が多いということですね。


※引用:モーニングスター

iFree新興国株式インデックスの評価まとめと今後の見通し

今回、iFree新興国株式インデックスのベンチマークとなっているFTSE RAFI エマージング インデックスはスマート・ベータ指数といって、一般的なベンチマークより高い収益を狙うために売買頻度を高めています。

そのため、通常のインデックスファンドよりもコストが高くなりがちです。

ただ、パフォーマンスの観点では、eMAXIS Slim新興国株式インデックスと値動きはかなり違うもののほぼ同じ水準のパフォーマンスだったので、現時点ではどちらのファンドに投資をしてもよいと思います。

新興国株式を検討している人は、全世界に分散投資をしたいからという人が多いと思いますが、パフォーマンスだけで見ると、先進国株式のほうがだいぶ優位にたっています。

また先進国株式に投資をするだけでも十分分散効果はありますので、新興国株式投資をするべきなのかという点は一度考えてみても良いと思います。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点