インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている
アセットマネジメントOneのたわらノーロードシリーズ。

今日は、たわらノーロード先進国債券の評価や評判、実質コストなどについて
徹底的に分析したいと思います。

たわらノーロード先進国債券の基本情報

投資対象は?

投資対象は、日本を除く世界主要国の公社債に投資をし、FTSE世界国債インデックス
(円ベース、為替ヘッジなし)に連動する投資成果を目指します。

FTSE世界国債インデックスは昨年まで、シティ世界国債インデックスと呼ばれており、
先進国債券の代表的なベンチマークです。

地域別構成比見ると、北米と欧州で95%を占め、全体では、22か国765銘柄で構成されています。

たわらノーロード先進国債券の値動きのイメージがつきやすいように
ベンチマークの推移を見てみましょう。

2007~2008年のリーマンショックでは、20%ほど下落しましたが、
2012年頃から回復しています。

国内債券ファンドのベンチマークと比べると、だいぶ異なる値動きとなっています。

債券と聞くとかなり手堅いイメージがありますが、先進国債券となると思ったより
値動きしますので、注意してください。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。
インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

たわらノーロード先進国債券は下図のように2015年の新規設定以来、着実に
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約35億円となっています。

ファンドの規模としては全く問題ありません。カテゴリー最低水準のコストとなっていますので、
まだまだ純資産額は増えそうです。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

FTSE世界国債インデックス連動型のファンドは運用会社各社が作っていますが、
運用リターンはベンチマークに連動するため、どこも差がつきません。

そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

たわらノーロード先進国債券の実質コストは約0.233%となっており、
同カテゴリー内でも最低水準となっています。

主要なインデックスファンドのコスト比較表はこちら

購入時手数料 0
信託報酬 0.1836%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.233%(概算値)

たわらノーロード先進国債券の評価分析

基準価額の推移は?

たわらノーロード先進国債券の基準価額は、2016年ごろから9000円~10,000円の間を
うろうろしています。先進国債券と聞くと、国内債券よりは利回りが高く、それでいて
債券だからリスクは低いと思ってしまいがちですが、債券ファンドと債券は同じものと
考えないほうがよいと思います。

少なくとも、私個人としては、債券ファンドを購入するくらいなら、直接債券を購入
したほうが間違いなく良いと思っており、債券ファンドを購入する人がここまで
多い理由が未だによくわかりません。

利回りは?

つづいて、たわらノーロード先進国債券の運用実績を見てみましょう。
直近1年間の利回りは3.82%となっています。

まだ運用期間が短いですが、FTSE世界国債インデックスをベンチマークとして
採用している他のファンドで10年超運用しているファンドの運用利回りを見ると、
5年平均利回りで約3.0%、10年平均利回りで約2.4%となっています。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資をするときは、同じベンチマークを採用している
他のファンドとのパフォーマンス比較は必要不可欠です。

たわらノーロード先進国債券と同じ、FTSE世界国債インデックスと比較して
みると、ほぼパフォーマンスに差がないことがわかります。

ここから、信託報酬だけでなく、実質コストにもほぼ差がないことがわかり、
先進国債券を選ぶのであれば、どのファンドを選んでもほとんど変わらない
ということができます。

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2016年1月に一番タイミング悪く買って、2016年6月に一番タイミング悪く
売った場合に最大-9.60%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

同カテゴリーで10年超運用しているファンドを見ると、最大下落率は20%ほどと
なっていますので、思った以上に値動きが大きいと思っておいたほうがよいです。

もちろん、長期保有をすれば、ちゃんとプラスのリターンが出ていますので、
これくらいの下落はあるものだと思って、投資をすると、下落相場でも我慢できると思います。

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率というのが
運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2016年10月13日~2017年10月12日までの期間において、ベンチマークは+10.9%、
当ファンドは+10.8%となりました。

乖離率は▲0.1%程度となっており、主に運用コストよるものなので、
おおむねベンチマークに連動した運用ができています。

評判はどう?

続いて、たわらノーロード先進国債券の評判を見ていきたいと思います。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

たわらノーロード先進国債券は2015年の新規設定以来、毎月資金が流入しています。

2018年に積立NISAが始まったタイミングで、さらに人気に火がつき、
一気に資金流入が大きくなっています。

同カテゴリーで最低水準のコストを実現しているので、まだまだ人気は続きそうですね。

たわらノーロード先進国債券の評価まとめ

国内債券ファンドと比べると、値動きが大きい先進国債券ファンドですが、
当ファンドはコストも最低水準となっているので、先進国債券ファンドを
購入するならこちらのファンドがいいと思います。

ただ、注意も必要です。分散投資の基本形といえば、国内株式・国内債券・
海外株式・海外債券の4つのアセットクラスに分散する方法です。

そうすると、海外債券を選択する必要が出てくるので、多くの方が先進国債券を
選択します。

しかし、以前は分散効果がありましたが、上述したベンチマークの推移のとおり、
リーマンショック時には、20%ほど下落しており、先進国株式と先進国債券の相関係数は
0.7程度とかなり高くなっています。

ですので、正直なところ、分散効果はあまりなくなっているのです。

先進国債券のインデックスファンドにおいては、コストも最低水準であるため、
こちらのファンドを選択して問題ないのですが、分散効果を狙って投資をするのであれば、
株式と先進国債券の合計比率を高めないようにしてください。