投資環境の変化に一喜一憂せず「負けにくい投資」をテーマにしている
トレンド・アロケーション・オープン。

基準価額の過去1年の高値からの下落率を15%以内に収まるように
運用するということで、リスクを取りたくない投資家から非常に注目を集めています。

トレンド・アロケーション・オープンは、株式、債券、リート、コモディティと
幅広く分散することでリスクを抑える戦略ですが、果たして運用は
うまく行っているのでしょうか?

今日は、トレンド・アロケーション・オープンについて徹底的に分析していきます。

トレンド・アロケーション・オープンの基本情報

投資対象は?

トレンド・アロケーション・オープンは、アリアンツ・グローバル・インベスターズが
運用する「ダイナミック・マルチアセット・プラス・ファンド(JPY)(通称:DMAPF)」
に投資を行います。

DMAPFでは、先進国の国債に投資を行うとともに、世界各国のETF等を利用することで、
世界各国の株式・債券・リート等の幅広い資産へ、実質的に投資します。

また、組入比率の調整のために先物と取引も行います。
よくも悪くも何にでも投資をするファンドと思っておけばいいでしょう。

またダイナミック・マルチアセット・プラス戦略という仰々しい名前の戦略で
運用していますが、実際大したことはやっていないので、騙されないでください。

あえて挙げるとすれば、下落リスクへの対応ということで、過去1年間の高値から
下落率が15%以内に収まるように運用するという点でしょうか。

ダウンサイド・リスク・マネジメントがされていると投資家としては、安心できますね。

では、具体的に、どのような資産に投資されているのか見てみましょう。
ざっくり債券が30%、株式等が70%という割合になっています。
株式比率が高いことから、比較的強気な運用を目指すファンドのようです。

純資産総額は?

続いて、匠のワザの純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

トレンド・アロケーション・オープンは、現在1600億円の規模になっており、
非常に人気の高いファンドであることがわかります。規模の心配は必要ありませんね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドに投資をする人は、注意深く調べる人もいますが、
アクティブファンドの場合、あまり調べない人も多いのが現状です。

信託報酬と大きく乖離していることもありますので、必ず確認してほしいポイントです。
トレンド・アロケーション・オープンの実質コストは1.1823%と、
ETF等に投資していることから、実質コストは抑えられています。

購入時手数料 2.16%(税込)
信託報酬 1.1704%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.1823%(概算値)

トレンド・アロケーション・オープンの評価分析

基準価額の推移は?

トレンド・アロケーション・オープンの基準価額は、2016年から右肩上がりに
上昇していましたが、2018年1月末の暴落以来、まったくパフォーマンスが
奮っていません。

特に大きくアセットアロケーションを変更した様子もないのですが、
ここまで下がり続けると厳しいですね。

利回りは?

トレンド・アロケーション・オープンの直近1年間の利回りは+0.70%となっています。
3年平均利回りで+1.15%、5年平均利回りで+2.73%となっており、
株式の比率が7割近くあるにもかかわらず、このパフォーマンスはひどいですね。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

トレンド・アロケーション・オープンの唯一の評価ポイントかもしれませんが、
最大下落率は2015年3月~2016年2月までの期間で最大▲7.12%の下落で
済んでいるのは評価できるポイントでしょう。

リスクを取りたくない投資家が飛びついてきそうな内容です。

評判はどう?

続いて、このファンドの評判を見ていきたいと思います。
評判をはかる指標としては、ファンドへの資金流出入額が参考になります。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、人気が出てきているということになります。

トレンド・アロケーション・オープンはほぼ毎月資金が流入しており、
評判が非常に良いことがわかります。

私からすると、なぜここまで評判がよいのかよくわかりませんが、
世の中一般では、購入している人が多いようです。

トレンド・アロケーション・オープンの今後の見通し

トレンド・アロケーション・オープンは投資環境の変化に一喜一憂せず
「負けにくい投資」をテーマにしているだけあり、リスクを取らずに
手堅い運用を実践しています。

今後もダイナミック・マルチアセット・プラス戦略を採用している限りは
年間2%程度の利回りは期待できると思います。

ただ、年間の最大下落率を15%以内に収めるとありますが、仮に年間15%も下落したら、
このファンドのパフォーマンスでは、元の水準にまで戻すにに、単純計算7~8年
かかってしまいます。

この程度の利回りでよいのであれば、もっと債券比率の高いバランスファンドを
選んだほうがあなたの理想に近くなると思います。

ただ個人的に、バランスファンドはおすすめはしていませんが。
バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか