三菱UFJ国際投信が出している積立NISA向けのファンド
には3種類あります。

1つは以前から販売されている「eMAXIS」。もう一つが
超低コストでネット証券向けの「eMAXIS Slim」。

それから地方銀行や対面証券向けの「つみたてんとうシリ
ーズ」です。

ベンチマークは同じなので、あとはコストの差になるの
ですが、今日はこの「つみたてんとうシリーズ」から、
米国の主要な企業500社に投資ができる「つみたて米国
株式(S&P500)」を徹底分析したいと思います。


つみたて米国株式(S&P500)の基本情報

投資対象は?

つみたて米国株式(S&P500)の投資対象はニューヨーク証券
取引所、NASDAQに上場している米国を代表する500銘柄です。

ざっとですが、米国の株式市場全体の時価総額の約8割を
カバーしています。

業種別で見てみると、ソフトウェア・サービスやメディア・
娯楽の業種が上位にランクインしています。


※引用:マンスリーレポート

組入上位銘柄を見てみると、マイクロソフト、アップル、
アマゾン・・・と、あなたも聞いたことがある銘柄がほと
んどなのではないでしょうか。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

つみたて米国株式(S&P500)の実質コストは運用報告書が
まだ出ていないのでわかりませんが、信託報酬は0.22%と
なっています。

eMAIXS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬は0.0968%な
ので、約2倍のコストになりますが、それでも0.2%台で
あれば十分コストは低いと言えます。

eMAIXS Slim 米国株式(S&P500)ともう1つだけ異なる点は、
純資産額に応じた信託報酬のキャンペーンです。

つみたて米国株式(S&P500)では、純資産総額がいくら積み
あがろうと、信託報酬は変わりませんが、eMAIXS Slim 米
国株式(S&P500)は500億円以上になると信託報酬が0.0005%
下がります。

わずかな%ではありますが、ないよりはあったほうが嬉しい
ですね。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 なし
信託報酬 0.22%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト まだ不明

※引用:最新運用報告書

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

つみたて米国株式(S&P500)の評価分析

利回りはどれくらい?

つみたて米国株式(S&P500)のパフォーマンスはまだわか
りませんが、同じインデックスをベンチマークとるする
eMAIXS Slim 米国株式(S&P500)の直近1年間の利回りは
6.91%です。

同カテゴリーの中では上位20%にランクインしており、
かなり優秀な成果を残しています。

インデックス投資であれば、これくらいのパフォーマンス
で十分でしょうか。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解して
いますか?

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 3.91% 54%
3年
5年
10年

※2020年2月時点

年別のパフォーマンスは?

つみたて米国株式(S&P500)の年別のパフォーマンスも
見てみましょう。

2020年は直近でコロナショックの影響を受けており、
大きく値崩れしています。

しかし、2019年はしっかりとプラスのリターンを残せて
いますね。

年間利回り
2019年 +26.82%
2018年

※2020年2月時点

つみたて米国株式(S&P500)と類似の商品は?

つみたて米国株式(S&P500)と同じようにS&P500に連動
する投資信託は複数あります。

基本的にS&P500に連動するとパフォーマンスに大きな差
は出ません。

唯一変わるのが、コスト部分です。

現在、コスト最安値はSBI・バンガードS&P500インデック
スです。

ほぼ同水準でeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が並んでい
ます。

正直、ETFレベルまでコストが下がってきていますので、
あまりこのコスト差を比較する意味はないと思いますが、
上述の2ファンドをつみたてできる証券会社で口座を開設
しているのであれば、上記の2商品をつみたてたほうがコ
スト的にお得ですね。

ファンド名 信託報酬
SBI・バンガード・S&P500 0.0926%
eMAXIS slim米国株式(S&P500) 0.0968%
iFree S&P500インデックス 0.2475%
iシェアーズ 米国株式インデックス 0.4125%
農中<パートナーズ>米国株式S&P500 0.605%

つみたて米国株式(S&P500)の評価まとめ

S&P500への投資は前々からこのブログではおすすめを
しています。

地方銀行や対面証券でをメインで利用していた方にとっ
ては、少し割高のインデックスファンドしか取り扱いが
なかったかもしれませんが、つみたて米国株式(S&P500)
が登場したことにより、その心配もなくなりました。

直近では、大きく株式市場が下落しているため、投資を
ためらっている人もいるかもしれませんが、つみたてする
のであれば、安く購入できるわけなので、今こそつみたて
投資をはじめるべきだと言えます。

少額からコツコツつみたてたい人にはまさにおすすめの
一本と言えますね。