優秀なパフォーマンスのファンドを表彰するアワードが日本には3つあります。
R&Iファンド大賞、トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン、
モーニングスター ファンド・オブ・ザ・イヤーです。

2017~2018年にかけて、この3つの賞をすべて受賞したのが、
アライアンス・バーンスタイン 米国成長株投信です。

米国成長株投信は、毎月分配型/年1回決算型、為替ヘッジあり/なしの4コースが
ありますが、今日は、年1回決算型で為替ヘッジ無のBコースを徹底分析していきます。

他のコースの保有を検討している方にも役立つように書いていきますので、
参考にしてください。

アライアンス・バーンスタイン 米国成長株投信 Bコースの基本情報

投資対象は?

米国成長株投信はS&P500株価指数(配当金込み)をベンチマークとして、
成長性の高い米国株式に投資していきます。

ポートフォリオは50~70銘柄に絞り込んでいますので、絞り込んだことで
S&P500と比較してどのようなパフォーマンスになっているかは気になるところです。

米国成長株投信 Bコースの組入銘柄上位を見てみると、有名どころの米国株が
名前を連ねています。ですので、S&P500から特に優秀な銘柄を厳選しているような
イメージでよいかもしれません。


※引用:マンスリーレポート(2018年9月末)

運用体制は?

マザーファンドの運用を行っているのは、フランク・カルーソを含めたベテランの
ファンドマネージャーが中心となって運用を行っています。フランク・カルーソ自身は
40年近く株式運用にかかわっているベテラン中のベテランです。

2012年から本マザーファンドの運用を担当しており、カルーソがファンドマネージャー
を務めている限りは今後も高いパフォーマンスが期待できそうです。

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を見極める際にとても大切なポイントです。
純資産総額が多い方が、ファンドマネージャーが資金を投資する際に有利であったり、
他の投資家の解約の際の影響が小さくなるので、余計なコストが減ります。

米国成長株投信 Bコースの純資産総額はどうでしょうか?
現在の純資産総額は、400億円です。400億円あれば十分ですが、A~Dコースまで
合わせると、なんと4000億近くになりますので、非常に人気の高いファンドで
あることがわかります。

実質コストは?

投資信託にかかる費用について、皆さんがよく目にするのは、販売時の手数料・
信託報酬・信託財産保留金といったところだと思います。

しかし、これ以外にも費用がかかっているのをご存知でしたでしょうか?

これを実質コストというのですが、実質コストは売買時の手数料や取引の際の税金、
保管費用などが含まれ、運用報告書で確認することができます。

米国成長株投信 Bコースの実質コスト1.729%となっており、決して安くはありません。
また、販売手数料も3.24%かかりますので、慎重にファンドを選定しなければなりません。

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.695%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.729%(概算値)

※引用:第24期 運用報告書(決算日2018年6月15日)

アライアンス・バーンスタイン 米国成長株投信 Bコースの評価分析

基準価額の推移は?

米国成長株投信 Bコースでは、2016年末から順調に基準価額を伸ばしています。
注目すべきは、2018年1月末時点です。日本株ファンドの場合、2018年1月末に
大きく下落して以来、下落トレンドもしくは、同水準までしか回復していませんが、
米国成長株投信の場合は、2018年1月末時点の水準を大きく超えてきています。

トランプリスクには常に気を配っておかなければいけませんが、
米国株の底堅さが表れていますね。


※引用:モーニングスターHP

利回りはどれくらい?

米国成長株投信 Bコースの直近1年間の利回りは+24.48%となっています。
3年、5年、10年平均利回りを見ても、年利15%程度は維持できており、
非常に優秀なパフォーマンスとなっています。

これなら高いコストを支払っても投資をする価値がありそうですね。


※引用:モーニングスターHP

四半期別のパフォーマンスは?

続いて、米国成長株投信 Bコースの四半期別のパフォーマンスを見てみましょう。
2016年だけマイナスとなっていますが、それ以外の年では、高い成果を残しています。
2018年も良い結果で終わりそうですね。

S&P500とのパフォーマンスの比較

S&P500を参考指標としているファンドなので、S&P500との比較は必須です。
直近3年間のパフォーマンスを比較してみると、米国成長株投信 Bコースのほうが
パフォーマンスでは勝っていることがわかります。

これならば、高いコストを払ってでも投資をする価値があるといえますね。

最大下落率は?

米国成長株投信 Bコースの最大下落率は以下の通りです。
2008年1月~2008年12月までの間に、▲54.79%下落しています。

ここでパニック売りをしてしまった人は、一番損失が膨れてしまったと思いますが、
このあと数年かけて、しっかり戻してきましたので、仮に基準価額が大きく下落した
としても、気長に持ち続けることをおすすめします。


※引用:モーニングスターHP

分配金は?

つづいては、米国成長株投信Bコースには、関係ありませんが、Cコース、Dコースの人が
気になる分配金についてみていきましょう。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配金利回りは20%近くありますが、
基準価額が下落していないことが驚きです。

通常この利回りであれば、大きく基準価額が下落してしまうのですが、
それだけパフォーマンスが優れているということです。


※引用:モーニングスターHP

評判はどう?

次に米国成長株投信 Bコースの評価を見てみましょう。
資金の流出入はそのファンドの評価にとって有益な参考情報になります。

これだけ高いパフォーマンスを出していますが、2017年には資金が
流出していました。他のファンドのパフォーマンスが良すぎたというのも
ありますが、驚きの結果です。直近、資金流入が超過しており、再度注目を
集め始めていることがわかります。


※引用:モーニングスターHP)

アライアンス・バーンスタイン 米国成長株投信 Bコースの今後の見通し

トランプリスクには常に注意を払わなければなりませんが、米国市場の経済・企業の
ファンダメンタルズは良好です。失業率もかなり低い水準にありますし、利上げも
引き続き緩やかに行われると想定されます。

ですので、米国成長株投信も引き続き堅調なパフォーマンスが期待できると思われます。
何よりS&P500よりパフォーマンスで優れていますので、コストは高いですが、
十分投資する価値があると言えます。