日本人からすると、オーストラリア=金利が高いというイメージが定着しており、
豪ドル建ての債券は常に一定数の人気があります。

ただ、債券ファンドというのは、注意が必要で、このファンドもまさに
そのパターンにはまってしまっています。

三菱UFJ 豪ドル債券インカム『愛称:夢実月』は毎月決算型と
年1回決算型がありますが、今回は純資産額が大きい毎月決算型を中心に
分析していきます。

ただ、年1回決算型の保有を検討しているもしくは、保有している人にも
役立つ内容になっていますので、参考にしてくださいね。

三菱UFJ 豪ドル債券インカム『夢実月』の基本情報

投資対象は?

投資対象は、高格付けの豪ドル建て公社債です。

格付とは、中長期的な元本・利子の支払いの確実性の度合いをランク付けしたもので、
S&PやMoody’sの格付が有名です。

その中で、夢実月の投資対象とするのは、S&Pで「AA-」以上、Moody’sで「Aa3」以上
としています。

債券で一番怖いのは、元本・利子の支払いができなくなるデフォルトですが、
AA以上であれば、ほぼ起きないと思って大丈夫です。


※引用:交付目論見書

夢実月の組入銘柄数は現在40銘柄となっており、格付別の組入比率は
下記のようになっています。AA格以上の債券しかないので、ひとまず安心です。


※引用:マンスリーレポート

つづいて国別の構成比率を見てみましょう。夢実月は豪ドル建債券ファンドなので、
オーストラリアの債券のみに投資をしていると勘違いする人もいますが、実際は
他の国の債券にも投資をしていきます。

オーストラリア以外にもドイツ、カナダ、オランダ、ノルウェーの債券が組入られています。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

夢実月は、現在1100億円程度ですので、規模として問題はありませんね。

※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

夢実月の実質コストは1.134%とカテゴリーの平均値よりは安くなっています。
ただ、もともと高い利回りが期待できるファンドでもないので、実質コストが
1%以上取られるのは厳しいですね。

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.134%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.15%(概算値)

※引用:第185期 運用報告書(決算日2018年9月10日)

三菱UFJ 豪ドル債券インカム『夢実月』の評価分析

基準価額をどう見る?

夢実月の基準価額は現在、5200円程度となっています。

3年前の水準から考えると、約35%ほど基準価額が下落していることになり、
完全に過剰な分配を続けてきた結果といえます。

分配金再投資の基準価額(青線)を見ても、8000円前後を
うろうろしていることから、運用もうまくいっていないことがわかります。


※引用:モーニングスターWEBサイト

利回りはどれくらい?

夢実月の直近1年間の利回りは▲6.40%となっています。
1年、3年、5年の平均利回りがマイナスとなっており、悲惨な結果となっています。

10年平均利回りはかろうじてプラスですが、直近のパフォーマンスが悪いため、
あえて投資するべきファンドではないことがわかります。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※引用:モーニングスターWEBサイト

四半期別のパフォーマンスは?

夢実月の四半期別のパフォーマンスを見てみましょう。
10%程度のプラスが出ている年もありますが、大きくマイナスになっている年も
あるため、総じていまいちな結果となっています。


※引用:モーニングスターWEBサイト

最大下落率はどれくらい?

投資するにあたって、最大どの程度下落する可能性があるのか知っておくことは
非常に重要です。先に下落幅を知っておくことで、大きく下落したときも、
慌てて売らずに冷静な判断ができるようになります。

夢実月の最大下落率は、2007年11月~2008年10月で▲31.73%となっています。
リターンのわりに、下落したときのインパクトが大きすぎるので、
正直、割に合わないですね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

分配金の推移は?

つづいて分配金の推移を見てみましょう。

夢実月は2014年から毎月80円の配当を出し続けていましたが、2017年末に分配金を
毎月60円に切り下げました。分配金余力が少なくなってきているので、注意してください
と前回注意喚起をしましたが、見事にあたってしまい、分配金が毎月45円になっています。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りをみると、現在約13%となっており、
プラスのリターンも出せていないファンドにしては、高すぎる分配です。


※引用:モーニングスターWEBサイト

評判はどう?

夢実月の評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約している人が
多いということなので、評判が悪いということです。

正直、私は毎月流出がつづいていると思いましたが、思った以上に流入が
超過している月が多いことがわかります。

このようなパフォーマンスしか出せていないわりに評判はあまり悪くないようです。

※引用:モーニングスターWEBサイト

三菱UFJ 豪ドル債券インカム『夢実月』の今後の見通し

夢実月に組入られている債券をそれぞれ満期まで保有した場合、
最終利回りは2.18%になるように調整されています。

しかし、なぜこのようにパフォーマンスが悪くなるかで言えば、
金利などの外的な影響で評価額が大きく下がらないように
ファンドマネージャーが頻繁に債券を売り買いしてしまっているからです。

多くの投資家が債券ファンドと債券をほぼ同じものと考えてしまっていますが、
運用手法は全く異なると思っておいたほうがいいでしょう。

通常の債券であれば、満期まで保有を続ければ、元本と利子が受け取れますが、
債券ファンドの場合は、様々な債券に分散投資ができて、リスクヘッジになる
一方で、適切なタイミングで債券が売り買いされないと、元本割れする可能性が
高くなることを忘れてはいけません。

夢実月は1年、3年、5年の平均利回りがマイナスの時点で、投資する価値はない
と思いますが、このようなファンドに投資するくらいであれば、オーストラリア国債や
アメリカ国債を直接購入したほうが、よほどあなたの資産を増やすことに役立ちます。