アセットマネジメントOneが運用する、新光 US-REIT オープン『ゼウス』。

ファンド名称の「新光」は、アセットマネジメントOneの前身の一社である
新光投信がこの投資信託を設定した名残です。

一時は国内公募投資信託の純資産ランキングで常に上位に位置していたため、
「ゼウス」の名を聞いたことがある人は多いと思いますが、最近は完全に
凋落気味です。

なお、新光 US-REIT オープン『ゼウス』には毎月決算型と年1回決算型がありますが、
今回はより人気の高い毎月決算型について分析していきます。

新光 US-REIT オープン『ゼウス』の基本情報

投資対象は?

新光 US-REIT オープン『ゼウス』は、米国に上場している不動産投資信託証券
(US-REIT)に投資し、安定した収益の確保を目指します。

REITというのは投資家から集めた資金を使って、オフィスビル・商業施設、
賃貸住宅などを保有し、賃貸料や不動産売買で収益を上げています。

その収益の大部分を配当金という形で投資家の皆様に分配しているという仕組みですね。


※引用:交付目論見書
上位に組み込まれている銘柄は、81銘柄で構成されており、インフラ、森林、
貸倉庫、データセンター、住居と幅広く分散されています。

運用の特徴は?

運用はアメリカの大手運用会社であるインベスコ社に委託しており、
アセットマネジメントOneの役割は実質的に運用業務以外の投資信託の
管理や販売会社向けのセールス業務などに留まっています。

したがって、運用パフォーマンスはインベスコ社の手腕次第ということになります。

インベスコは全世界で100兆円を超える資産を運用しており、アメリカでの不動産運用では
約2兆円超・業界第4位の運用残高を誇る、世界有数の独立系資産運用会社です。
実力と実績は十分といえるでしょう。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

投資信託の純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
投資信託の組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む
可能性がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

新光 US-REIT オープン『ゼウス』の純資産総額は6450億円程度と、ピーク時の
半分以下にはなっていますが、未だに人気が非常に高いです。

テーマ型であること、毎月分配型であること、分配金がタコ足であること、
信託報酬と購入時手数料が高いことなど、金融庁が批判対象とした
投資信託の条件をほぼ全て満たしていることから既存受益者の解約が進んだということでしょう。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

新光 US-REIT オープン『ゼウス』の実質コストは1.707%となっており、
REITカテゴリーの中では、平均的な水準です。ただ、運用実績が優れないのに
このコストは高すぎますね。

購入時手数料 3.24%※上限
信託報酬 1.6524%(税込)
信託財産留保額 0.1%
実質コスト 1.707%(概算値)

※引用:第165期 運用報告書(決算日2018年9月5日)

新光 US-REIT オープン『ゼウス』の評価分析

基準価格をどう見る?

新光 US-REITオープン『ゼウス』の基準価額は2,480円程度です。

驚くほど低い数値のため、よほど運用パフォーマンスが悪いでのはないかと
勘繰ってしまいますが、この基準価額の低さには別の理由があります。

新光 US-REIT オープン『ゼウス』は典型的な、「タコ足分配」型の
投資信託です。

これはインカムゲインやキャピタルゲインなどの運用パフォーマンスを
超えた金額を分配しているということであり、具体的にはファンドの
資産を切り崩して分配を行っているのです。

いくら運用パフォーマンスをあげても、それを超える分配金を
払い出すために投資信託の資産を切り崩せば純資産額も減少するので、
基準価額は低下します。

これを2004年の設定来から繰り返した結果、基準価額はこのような
数値となっているのです。

10年間のトータルリターンが6パーセント超であるにも関わらず、
ここまで基準価額が低い理由は、この点にあるのです。


※引用:モーイングスターWEBサイト

利回りは?

新光 US-REIT オープン『ゼウス』の利回りを見ていきましょう。
直近1年間の+1.91%となっています。

ただ5年、10年平均利回りは一桁後半のリターンとなっており、決して悪くありません。
タコ足配当さえしなければ、悪くない投資信託だけに残念ですね。


※引用:モーイングスターWEBサイト

四半期別の運用パフォーマンスは?

つづいて、新光 US-REIT オープン『ゼウス』の四半期別の
パフォーマンスを見てみましょう。

どうやら2014年のパフォーマンスが非常に良かったあとは、
何ともイマイチなパフォーマンスが続いているようです。


※引用:モーイングスターWEBサイト

最大下落率は?

新光 US-REIT オープン『ゼウス』に投資をするのであれば、最大でどの程度
下落する可能性があるのかは知っておきたいところです。

標準偏差などから推定することもできますが、過去にどの程度下落しているかも
ひとつの参考になります。

REITであれば、株式ほどリスクは高くであろうと思いがちですが、
新光 US-REIT オープン『ゼウス』は最大▲59.04%下落しており、
かなりリスクが高いことがわかります。

この点もしっかり理解した上で投資をしましょう。

分配金の推移と分配金余力は?

新光 US-REITオープン『ゼウス』2014年頃から毎月75円の配当を出し続け居ていましたが、
2017年に50円になり、2018年4月にはついに25円にまで配当が減額されました。

ただし、25円でも今の基準価額からすると、かなり高めの設定となっていますので、
今後基準価額がさらに下落し、分配金も減額されていることが想定されます。


※引用:モーイングスターWEBサイト

評判はどう?

タコ足配当を行う毎月分配型ファンドの悪しき側面が広く認知されるようになった現在、
その典型的なファンドである新光 US-REITオープン『ゼウス』に対する良い口コミや
評価はほとんど見当たりません。

下の月次の資金流出入額の図見ても、直近は資金が毎月流出しています。
資金が流出しているということは、解約が続出しているということなので、
ここからも高い評価をしていない人がほとんどであることがわかります。

※引用:モーイングスターWEBサイト

新光 US-REITオープン『ゼウス』の今後の見通し

一般的にリートの価格は、リート市場全体の動向のほか、保有不動産等の
価値やそこから得られる収益の増減等により変動します。

また、金利上昇時にはリートの分配金利回りの相対的な魅力が弱まるため、
それにより売却されリートの価格が下落することがあります。

その他、投資対象がドル円の為替動向も基準価額に影響を及ぼします。
上記を踏まえ、今後の新光 US-REITオープン『ゼウス』について考察してみたいと思います。

米国リート市場は、復調に向かう兆しが見えます。
また、アメリカの商業用不動産の需要や賃料水準も堅調に推移するでしょう。
しかし、アメリカの金利上昇と当面続くであろう円高傾向が、このプラス要因を
打ち消してしまうと考えられます。

特に毎月分配型では、分配金について当初より相当に引き下げたとはいえ
依然として過剰としか言えない水準(25円)を、さらに適正と思われる水準
(概ね6円から8円)まで引き下げないと、基準価額の下落傾向は止まらないと思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上を考慮すると、新規に新光 US-REITオープン『ゼウス』を購入する理由は全くと言って良いほど見当たりません。

このような投資信託に投資をするくらいであれば、私が厳選したアクティブファンドの
一覧がこちらにありますので、これを参考に新しい投資先を探したほうが間違いなく賢明です。

販売会社の強引な勧誘や知名度に惑わされて買ってしまわないように、注意してください。