一時期は一兆円近くの規模があった大和投信のハイグレード・
オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)『愛称:杏の実』。

当時、流行りのオーストラリア建て公社債を中心に投資し、
安定的な高い利回りの確保を目指したファンドです。

近年の毎月分配型ファンドへの逆風と、パフォーマンスがそもそも
悪いことにより資金がどんどん流出していますが、今はどのような
状態なのでしょうか?

今日は『杏の実』について徹底分析していきたいと思います。

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン 『杏の実』の基本情報

投資対象は?

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の投資対象
はオーストラリア・ドル建て及び、ニュージーランド・ドル建ての
公社債に投資します。

オーストラリア債とニュージーランド債の比率は、オーストラリア債の
比率が高くなるように調整されています。

債券ファンドでは、組入られている債券の格付を必ずチェックする
必要があります。

格付というのは、償還時までの債券の元本、利息の支払いの健全性を
ランク付けしたものです。

一般的に、BBB(Baa)以上の格付は投資適格債券と呼ばれており、
リスクは低いとみなされています。

杏の実では、取得時において、格付がAA以上の公社債に絞っている
ので、デフォルトのリスクは低いと言えます。

現在、豪ドル建て債券とニュージーランドドル建て債券の比率は、
9:1程度になっています。

組入上位銘柄を見ても、上位はすべて豪ドル建ての債券となっています。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』
の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、コストが割高になることがあります。

また、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の
純資産総額は、現在2400億円となっており、毎年純資産総額が
減っているとはいえ、高い人気を誇っています。

規模としても問題はありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

『杏の実』の実質コストは1.38%となっており、カテゴリー内では
平均的な水準です。

ただ、これだけ酷いパフォーマンスだと、コストが割高に感じます。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 2.16%
信託報酬 1.35%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.38%(概算値)

※引用:運用報告書(決算日2018年11月15日)

実質コストを加味しても、圧倒的に高いリターンを出している海外債券ファンドランキング

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の評価分析

基準価額の推移は?

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の
基準価額は、直近3年間で20%ほど下落しています。

分配金を再投資した場合の基準価額(青線)が下落しており、
ただでさえタコ足配当で厳しい状況にもかかわらず、さらに
基準価額の下落に拍車がかかってしまっています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の
利回りを見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲8.68%と酷い結果となっています。
3年平均利回りも▲1.84%と厳しい結果です。

10年の平均利回りは唯一プラスとなっていますが、あまり旨味を
感じませんね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲8.68% 73%
3年 ▲1.84% 90%
5年 ▲0.40% 71%
10年 5.86% 83%

※2019年1月時点

標準偏差は?

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の
標準偏差を見てみると、1年、3年、5年平均では下位2割程度の
ランクとなっています。

パフォーマンスも優れず、基準価額の変動幅も大きいとなると
投資するメリットを感じられませんね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 8.24 80%
3年 9.23 76%
5年 8.91 84%
10年 11.95 48%

※2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の年別の
運用パフォーマンスも下に載せておきます。

直近5年はマイナスで終わってしまう年のほうが多く、この運用成績
では投資を続ける理由が見当たりません。

年間利回り
2018年 ▲8.68
2017年 6.88%
2016年 ▲3.11%
2015年 ▲8.33%
2014年 13.05%

※2019年1月時点

「アクティブファンドは儲からない」は嘘!私のファンド運用実績を㊙公開

最大下落率は?

投資するのであれば、ファンドがどの程度下落する可能性が
あるのかは知っておきたいところです。

もちろん標準偏差から変動幅を予測することはできますが、やはり
過去にどの程度下落したことがあるのかを調べるのがよいでしょう。

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』は2008年8月
~2009年1月の間に最大36.05%下落しています。

債券ファンドはリスクが低いと思われがちですが、タイミングが
悪ければ、債券でもこれくらいの下落はあり得ると思っておいた
ほうがよいでしょう。

基本的には長期保有をすればプラスのリターンが出ていますが、
ただし、何も考えず保有し続けるのは厳禁です。

考えなしの長期保有が自分の首を絞める理由とは?

期間 下落率
1カ月 ▲18.51%
3カ月 ▲31.11%
6カ月 ▲36.05%
12カ月 ▲31.23%

※2019年1月時点

分配金の推移は?

つづいてハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の
分配金の推移を見ていきます。

2015年ごろは毎月60円あった分配金ですが、毎年10円ずつ程度
下げており、現在では毎月10円の分配金となっています。

分配金のうち40%程度が当期の収益以外から支払われており、タコ足
配当になっていることがわかります。

なにより、繰越対象額が100円をきっており、分配金余力も1年ないため、
ここ1年以内にまた減配される可能性が高いです。

分配金 当期収益以外 繰越対象額
175期 20円 7円 119円
176期 20円 3円 116円
177期 20円 8円 107円
178期 20円 7円 100円
179期 20円 10円 90円
180期 10円 96円

評判はどう?

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の評判は
ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで
一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけハイグレード・オセアニア
・ボンド・オープン『杏の実』を解約している人が多いということなので、
評判が悪くなっているということです。

毎月分配型でタコ足配当を続けており、かつ毎年減配をしていますので、
当然の結果と言えば、当然なのですが、とにかく評判が落ちています。


※引用:モーニングスター

ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン『杏の実』の今後の見通し

杏の実の基準価額が変動する要因は大きく2つあり、1つが債券の
価格、もう1つが為替です。

債券の価格については、アメリカの通販大手が豪州で事業をスタート
したことにより、小売業を中心に価格下押し圧力がかかりやすく、
インフレは起こりにくい状況です。

そのため、債券価格の下落は抑えられると思います。

為替については、アメリカの通商関係の緊張が高まる局面では、
市場のリスク回避姿勢が強まり、オセアニア通貨が一時的に下落する
可能性もあると思います。

ただ、そもそもこのパフォーマンスでは、正直投資をしづらいですすし
タコ足配当に加え、直近でまた減配となる可能性も高いので、今の
タイミングで保有するメリットはほぼないと思っています。

杏の実から乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集