日興アセットマネジメントから出ているファイン・ブレンド。

最近流行りの6資産や8資産でもなく、日本国債、海外債券、
海外株式、海外REIT、金の5つの資産に分散するファンドと
なっています。

日本国債だけ切り出されているので、ここでリスクの調整を
していることが想像できますが、日本国債の比率が高くなり
すぎて、高いコストを支払っているだけになっていないかが
心配です。

ファイン・ブレンドには、毎月分配型と資産成長型の2種類が
ありますが、今日はより人気の高い毎月分配型を詳しく分析
していきます。

資産成長型を保有しているもしくは、検討している人にも
参考になるように書いていますので、参考にしてください。

ファイン・ブレンドの基本情報

投資対象は?

ファイン・ブレンドの投資対象は、日本を含む世界の債券、株式、
REIT、金などに分散投資をしていきます。

もう少し具体的に見てみると、日本国債は、超長期国債(残存期間
が10年以上の国債)が中心となります。

リスクは低いですが、その分、リターンが低いので、日本国債の
割合が高いと手数料がだけ取られ続けることになります。

海外債券はG20構成国の中から、金利水準の高いソブリン債に
投資するので、日本国債より安定的な収益が期待できます。

金は、金価格に連動するETFに投資をしていきます。

金を組み込んでいるのは、他の4資産と異なる値動きをするため、
分散効果が高いと見越してのことでしょう。


※引用:交付目論見書

ファイン・ブレンドは、定期的な資産配分の見直しにより、
魅力的な収益の獲得を目指すとあります。

状況変化に応じて、資産配分を適切に変更するというわけですが、
バランスファンドの場合、リスクを取らなさ過ぎて、収益の
チャンスを逃していることが往々にあります。

アセットアロケーションが固定されている場合はよいですが、
固定されていない場合は、現在の構成比率は必ず確認する必要が
あります。


※引用:交付目論見書

下図が、ファイン・ブレンドの現在のアセットアロケーションです。
パッと見てわかるとおり、日本国債の比率が45%とかなり高くなっています。

また組入られている国債の最終利回りが0.51%ですので、実質コストが
これ以下でないと、あなたが投資している資産の約半分は知らず知らず
のうちにコスト負けしていることになるのです。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、ファイン・ブレンド(毎月分配型)の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性
がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の純資産総額は現在257億円と
なっています。

毎月分配型ファンドにも関わらず、純資産総額が減っていないと
いうのは驚きです。規模の大きさとしては全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ファイン・ブレンドの実質コストは1.483%と高めの設定になっています。

先ほども指摘しましたが、全体の45%を占める日本国債部分は
年利回り0.51%ですので、毎年1%程度、あなたの資産が運用会社や
販売会社の利益になっているということになりますね。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.4479%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.483%(概算値)

※引用:第66期 運用報告書(決算日2018年9月10日)

ファイン・ブレンドの評価分析

基準価額をどう見る?

ファイン・ブレンド(毎月決算型)の現在の基準価額は9,178円です。

2017年までは、分配金を賄えるだけの収益を運用で出すことができて
いましたが、2018年以降は、分配金をファンドの収益だけでは、
賄いきれなくなり、基準価額も下落しています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

続いて、利回りを見てみましょう。

ファイン・ブレンドの年間利回りは▲2.17%となっています。
3年平均利回りは1.87%、5年平均利回りが2.96%となっており、
カテゴリー内では上位のパフォーマンスとなっています。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲2.17% 47%
3年 1.87% 10%
5年 2.96% 25%
10年

※2018年11月時点

標準偏差は?

ファイン・ブレンドの標準偏差を見てみると、下位30%程度に
ランクインしています。

バランス型のファンドの場合、リスクを低く運用したい人が多い
と思いますので、できれば上位30%程度には入っておいてほしいものです。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 3.01 47%
3年 3.70 69%
5年 4.34 71%
10年

※2018年11月時点

年別の運用パフォーマンスは?

ファイン・ブレンドの年別のパフォーマンスを見てみると、
2015年はマイナスですが、それ以外の年では、4%以上の
リターンを出しています。

バランス型ファンドであれば、十分なリターンと言えるでしょう。

年間利回り
2018年 ▲3.08%(9月末時点)
2017年 4.27%
2016年 6.60%
2015年 ▲3.85%
2014年 12.24%

※2018年11月時点

インデックスファンドとの比較

バランス型ファンドへの投資を検討するのであれば、バランス型の
インデックスファンドとパフォーマンスを比較しておいたほうが
良いでしょう。

今回は、eMAXIS バランス8資産均等型と比較をしてみました。

その結果、eMAXIS バランス8資産均等型のほうがパフォーマンスは
優れているようです。

これでは、高いコストを払ってまで、ファイン・ブレンドに投資を
する意味がありません。


※引用:モーニングスター

分配金の推移は?

ファイン・ブレンドは2015年ごろから、毎月40円の分配金が
支払われています。

分配金余力もまだ30カ月ほどありますので、少し余裕はありそうです。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配金利回りも約5%と、
適正な範囲にはなっています。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
61期 40円 1,224円
62期 40円 1,252円
63期 40円 1,268円
64期 40円 1,282円
65期 40円 1,300円
66期 40円 1,321円

評判はどう?

ファイン・ブレンドの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけファイン・ブレンドを
購入している人が多いということなので、評判が良いということです。

ファイン・ブレンドは設定来、毎月資金が流入しており、非常に評判の
良い商品となっています。

ただ、私からすると、なぜここまで人気なのか理解に苦しむ部分もあります。


※引用:モーニングスター

ファイン・ブレンドの今後の見通し

ファイン・ブレンドは、今後も日本国債でガチガチに守りを
固めながら、すこしずつ資産を増やしていくというスタンスなので、
今後もゆっくりゆっくりと資産を増やすには役立つと思います。

しかし、前述のように日本国債部分は、あなたにとってマイナスで
しかないので、非常に非効率な運用になっています。

その事実を知ったうえでも、ファイン・ブレンドがよいと言う人は
そのまま投資するとよいと思いますが、私からすると、リスクを
恐れすぎて、リターンを得る機会を逃しているように感じます。

ファイン・ブレンドに投資するくらいであれば、バランス型の
インデックスファンドに投資をしたほうがまだよいでしょう。

ただ、根本的に私はバランスファンドはあまりおすすめしません。
バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆ファイン・ブレンドから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?