オーストラリア株式ファンドや債券ファンド、REITなど、それぞれ
投資対象を絞り込んで設定されたファンドは数多く存在しますが、
株式ファンドと債券ファンドを約50%ずつ保有しているニッセイ
オーストラリア利回り資産ファンド『愛称:豪州力』のような
ファンドはあまりありません。

そのせいか近年は資金が流入しており、オーストラリアにバランス
よく投資したいという投資家が集まってきています。

豪州力には、毎月分配型と資産成長型の2種類がありますが、今日は
より人気の高い毎月分配型を詳しく見ていきたいと思います。

ニッセイ オーストラリア利回り資産ファンド『愛称:豪州力』の基本情報

投資対象は?

豪州力の投資対象は、「LM・オーストラリア債券ファンド」及び
「LM・オーストラリア高配当ファンド」を通じて、豪ドル建ての
公社債及び株式、REITに投資をしていきます。

豪州力では、債券と株式・REITの投資割合が50:50になるように
投資していきます。

まず、債券ファンドの中身を見ていくと、オーストラリア国債及び
州政府債でほぼ構成されています。

債券ファンドでまず確認しなければならないのが、組入られている
ファンドの格付ですが、平均格付がAAとなっており、BBB以上の
格付の債券しか含まれていませんので、デフォルトのリスクは
心配しなくて良さそうです。


※引用:マンスリーレポート

続いて、債券ファンドの中身を見てみると、オーストラリアの
国債を中心に構成されていることがわかります。。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、豪州力の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

豪州力は、常にファンドの収益力より過剰な分配を繰り返したため、
基準価額が下落していきましたが、分配金を減配しなかったため、
見かけの分配利回りは高くなっていきました。

それに伴い2016年以降は、資金流入が増加したと考えられます。
しかし、現在では減配を繰り返しており、純資産も減ってきました。

現在は、250億円程度の規模となっており規模によるデメリットは
ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

豪州力の実質コストは1.68%となっており、前期と同じでした。
購入時手数料を考えると、初年度はかなり高い手数料を支払う
ことになります。

1年目で支払うコスト分のもとが取れるのかしっかり確認してから
投資をしなければいけません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.68%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.68%(概算値)

※引用:運用報告書

豪州力で本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

ニッセイ オーストラリア利回り資産ファンド『愛称:豪州力』の評価分析

基準価額をどう見る?

豪州力の基準価額は、直近3年間で30%超下落しています。

分配金を支払わなかった場合の分配金再投資基準価額(青線)を
見ると、3年間で10%程度は増加しているので、豪州力がいかに
過剰な分配を続けていたかがわかります。

このような基準価額の推移を示すファンドは特に注意をしなければ
なりません。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

豪州力の直近1年間の利回りは、▲0.64%です。

3年平均利回りが+2.54%、5年平均利回りが+0.26%となっており、
株式が50%組入られているファンドの割には、パフォーマンスが
低くなっています。

この程度の利回りをもともと期待していたとすれば、100%債券の
ファンドのほうがリスクは下がるので、よいかもしれません。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲0.64% 77%
3年 2.54% 74%
5年 0.26% 92%
10年

※2019年8月10日時点

標準偏差は?

豪州力の標準偏差を見てみると、常に下位1割に入っています。
パフォーマンスも優れておらず、価格のブレ幅も大きいとなると
あまり投資をしたいと思えませんね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 11.42 91%
3年 9.30 94%
5年 11.59 93%
10年

※2019年8月10日時点

年別のパフォーマンスは?

豪州力の年別の運用パフォーマンスも見てみましょう。

プラスのリターンで終わっている年も多いですが、マイナスの年に
大きく下落しているため、運用効率がとても悪くなっていることが
わかります。

年間利回り
2019年 7.41%(1-6月)
2018年 ▲14.14%
2017年 +8.80%
2016年 +3.18%
2015年 ▲7.21%
2014年 +14.78%

※2019年8月10日時点

最大下落率は?

投資を検討するうえで、標準偏差などから、価格変動の範囲をある
程度は予想できますが、やはり実際に下落した度合いをみたほうが
イメージがわきます。

豪州力は2015年3月~2016年2月までに最大▲14.25%下落しました。

リターンがそこまで期待できない中で、▲10%以上のマイナスとなると、
もとの水準まで戻すのに相当の時間を要することが容易に想像できます。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲8.54%
3カ月 ▲13.64%
6カ月 ▲13.34%
12カ月 ▲14.25%

※2019年8月10日時点

分配金の推移は?

豪州力は2014年以前から毎月120円の分配を続けており、2017年に
なって分配金を90円に減配し、2019年には60円まで減配しました。

直近減配があったので、当分大丈夫かと思ってしまいがちですが、
分配金余力は15カ月程度しかなく、近々減配が行われても、
おかしくない状況です。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りが、約15%程度
となっており、かなり高くなっています。

今後、減配だけでなく基準価額の下落も止まらないと思います。

このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
73 90円 27 927
74 60円 932
75 60円 937
76期 60円 939
77期 60円 16 923
78期 60円 13 909

評判はどう?

豪州力の評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけ豪州力を購入している
人が多いということなので、評判がよくなっているということです。

豪州力は、2016、2017年は毎月資金の流入があり、順調でしたが、
2017年末から資金の流出が目立つようになっています。

これは、2017年末までかなり高い分配金を出しており、よく
わかっていない投資初心者が騙されて購入したためです。

2018年以降は資金の流出が続いており、評判が下がっている
ことがわかりますね。


※引用:モーニングスター

ニッセイ オーストラリア利回り資産ファンド『愛称:豪州力』の今後の見通し

3年、5年の平均利回りにもあるように、毎年2~3%程度の
リターンは期待ができると思います。

しかし、根本的な問題として、過剰な分配が常態化しており、
分配金余力にも余裕がないので、今後減配が続くでしょう。

健全な水準まで分配金を下げれば、まだよいですが、異常な
分配が行われているファンドは、常に状況を確認していなければ
ならず、管理が大変ですので、正直おすすめはできません。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆豪州力から乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?