幸運を運んでくる四つ葉のクローバーをハッピークローバーと呼んだりしますが、
幸運を運んでくる4か国の債券を四つ葉のクローバーに見たてて名付けられたのが、
DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)『愛称:ハッピークローバー』です。

資源国に絞って投資を行うことで、世界的な人口増加による資源需要の増加の恩恵を
狙っていきます。今日は、そんなハッピークローバーについて徹底分析していきます。

DIAM高格付インカム・オープン『ハッピークローバー』の基本情報

投資対象は?

ハッピークローバーはDIAM高格付インカム・オープン・マザーファンドへの投資を通じて、
高格付資源国の公社債へ投資をしていきます。

資源国というのは、世界人口が増加し、資源消費が増加すると、資源の輸出が増加し、
雇用の拡大や消費の増加につながると言われています。

債券ファンドの場合、どのような格付の債券が組み込まれているのかを
確認することは必須です。一般的には、BBB(Baa)以上の格付であれば、
投資適格債券と呼ばれており、デフォルトのリスクが低い債券となります。

ハッピークローバーの場合は、AAA(Aaa)とAA(Aa)のみを投資対象と
していますので、ハイリスクな債券に投資をするわけではないことがわかります。

ハッピークローバーが具体的にどのような債券に投資をしているのかを見てみると、
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェーの国債、地方債、政府機関債に
投資をしていることがわかります。

純資産総額は?

続いて、ハッピークローバーの純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できなかったり、
コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

ハッピークローバーの純資産総額は、現在1500億円程度となっています。

一時期は1兆円にせまる勢いの大規模ファンドでしたが、リーマンショック以降は、
ほぼ毎年純資産が減っており、人気がなくなってきているような状態です。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

ハッピークローバーの実質コストは1.09%となっており、カテゴリー内で見ると、
割安となっています。

ただ、後述しますが、ハッピークローバー程度のパフォーマンスで、購入時手数料も
取られ、実質コストが1%も毎年かかるのは、正直厳しいですね。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.08%(税込)
信託財産留保額 0.2%
実質コスト 1.09%(概算値)

※178期 運用報告書(決算日2018年6月5日)より

DIAM高格付インカム・オープン『ハッピークローバー』の評価分析

基準価額の推移は?

ハッピークローバーの基準価額は、直近3年間で8000円から7000円程度まで下落しており、
運用はうまく行っていない状況です。

今年に入ってからも1月末に大きく下落して以来、なかなか上昇のきっかけをつかめていません。

利回りはどれくらい?

ハッピークローバーの利回りを見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲4.14%となっています。3年、5年平均利回りは1%未満のプラス
となっており、悲惨な状況です。

唯一10年利回りだけが+2.85%となっており、まだましな状況ですが、
このパフォーマンスを見て、今から投資しようとは決して思いませんね。


※2018年10月時点

四半期別のパフォーマンスは?

ハッピークローバーの四半期別の運用パフォーマンスも下に載せておきます。
債券ファンドのわりに思ったよりプラスマイナスの振れ幅が大きいように感じます。

分配金の推移は?

ハッピークローバーは2016年ごろから、毎月20円の分配金を出し続けています。
しかし、分配金余力が7カ月を切っており、もうあと数カ月で間違いなく減配が行われます。

分配金利回りは3%台なので、基準価額が大きく下落することはありませんが、
今のファンドの収益力だと、この分配金利回りでもまだ基準価額が下落しそうです。

評判はどう?

ハッピークローバーの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけハッピークローバーを解約している人が
多いということなので、評判が悪くなっているということです。

ハッピークローバーは、2014年から毎月資金が流出超過となっており、
ひと月たりとも流入超過となっていません。

ここからもわかるように評判は最悪です。
まだ保有している人がいるのであれば、即刻ファンドの乗り換えを検討してください。

DIAM高格付インカム・オープン『ハッピークローバー』の今後の見通し

米中の貿易摩擦や一部新興国における不透明感が金利上昇を抑制する要因と
なっていますが、米国の長期金利は緩やかに上昇基調が続くと予想されます。

また資源価格の底堅さをうけて、ハッピークローバーが投資対象としている
国の金利も底堅い推移になることが予想できます。

一方で、中国との貿易的なつながりが強い国に投資をしていることから、
米中貿易摩擦の進展については、注意深く観察する必要があります。

ただ、どちらにしても、現状のようなパフォーマンスでは投資するに値しない
というのは間違いないでしょう。

もしハッピークローバーを保有している人がいれば、
他のもっと良いファンドに投資することをおすすめします。