インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている
大和証券投資信託委託のiFreeシリーズ。

今日は、大和証券投資信託委託のiFree新興国株式インデックスについて
徹底的に分析したいと思います。

iFree新興国株式インデックスの基本情報

投資対象は?

投資対象は、新興国の株式とし、FTSE RAFI エマージング インデックス
(円換算)に連動する運用成果を目指します。

FTSE RAFI エマージング インデックスとは、FTSE社による基準をクリアした
新興国上場株式の中から、4つのファンダメンタル指標(株主資本、キャッシュフロー、
売上、配当)に着目し、リサーチ・アフィリエイツ社独自の手法により、
上位約350銘柄の選定を行っている指標です。

国別の構成比率は以下のようになっており、中国、ブラジル、台湾の
比率が高くなっています。

業種別で見ると、金融・エネルギーの比率が高いです。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、iFree新興国株式インデックスの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から
集めた資金の総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべき
ポイントです。ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまうリスクが
あります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

iFree新興国株式インデックスは下図のように2016年の新規設定以来、
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約25億円となっています。

まだファンドの規模として小さいですが、もう少し純資産が増加
してこれば、実質コストも下がってくるでしょう。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

FTSE RAFI エマージング インデックス連動型のファンドは運用会社各社が
作っていますが、運用リターンはFTSE RAFI エマージング インデックスに
連動するため、どこも差がつきません。

そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

特に、ファンダメンタルズ・インデックスは実質コストが高くなりがちなので、
目先の表面コストだけを見て判断するのは非常に危険です。

iFree新興国株式インデックスでは実質コストは0.687%となっており、
前期よりも0.1%ほど実質コストが下がりました。

とは言えば、信託報酬と比較してかなり割高であることには変わりない
ので、純資産がもう少し増えてくるのを待ちたいですね。

購入時手数料 0
信託報酬 0.3672%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.687%(概算値)

※引用:最新運用報告書

iFree新興国株式インデックスの評価分析

基準価額の推移は?

iFree新興国株式インデックスの基準価額は、2018年1月以降下落トレンドに
入っており、なかなかそこから抜け出せていない状況です。


※引用:モーニングスター

利回りはどう?

つづいて、iFree新興国株式インデックスの運用実績を見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲7.83%となっています。運用実績はマイナス
なのですが、新興国株式カテゴリー内では平均的な水準です。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲7.83% 47%
3年
5年
10年

※2019年9月時点

標準偏差は?

標準偏差まで見ている人はなかなかいないのですが、基準価額の
変動幅を分析する上で非常に役立ちます。

iFree新興国株式インデックスの標準偏差を見てみると、約20ですので、
国内小型株式ファンドと同程度の変動幅であることがわかります。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 20.01 38%
3年
5年
10年

※2019年9月時点

年別のパフォーマンスは?

つづいてiFree新興国株式インデックスの年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

2017年はインデックスファンドでありながら、20%超の実績を
出しています。

2018年はマイナスとなってしまいましたが、2019年は再びプラスの
リターンで着地できそうです。

年間利回り
2019年 8.37%(1-6月時点)
2018年 ▲11.57%
2017年 20.55%
2016年
2015年

※2019年9月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資する上で、同じベンチマークを採用
しているファンドのパフォーマンスを調べておくことは非常に重要です。

特に新興国株式ファンドの場合、MSCIエマージング・マーケットインデックス
もしくは、FTSE RAFI エマージング インデックスに連動するインデックスファンド
の2つに分かれるため、どちらが優れているのか比較しておく必要があります。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスとたわらノーロード新興国株式の
2つはベンチマークが前者の指標を使っており、比較をしてみると、
iFree新興国株式インデックスがわずかに他のファンドより優れている
ことがわかります。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になる
のが、最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点です。

もちろん標準偏差である程度計算することもできますが、やはり実際に
どれくらい下落したことがあるのか把握したほうがイメージが湧きます。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2019年3月に一番タイミング悪く買って、2019年8月に一番タイミング
悪く売った場合に最大▲12.03%あなたの資産が目減りした可能性がある
ということですね。

長期保有をすれば、ちゃんとプラスのリターンが出ていますので、
これくらいの下落はあるものだと思って、投資をすると、下落相場
でも我慢できると思います。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

期間 下落率
1カ月 ▲9.60%
3カ月 ▲9.34%
6カ月 ▲12.03%
12カ月 ▲11.57%

※2019年9月時点

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率と
いうのが運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

乖離率は2.0%程度となっており、ベンチマークのほうがリターンが
高くなっています。

株式組入比率を98~99%程度で運用させたことによる乖離と、
保管費用などのコストがマイナス要因となっているようです。

この乖離はあまり望ましくないですね。

ファンド ベンチマーク
6.8% 8.8%

評判はどう?

続いて、iFree新興国株式インデックスの評判見ていきましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

iFree新興国株式インデックスは2016年の新規設定以来、
ほとんど毎月資金流入しています。

見かけのコストが安いことから一定の人気はいまだに続いているようです。


※引用:モーニングスター

iFree新興国株式インデックスの今後の見通し

今回、ベンチマークとなっているFTSE RAFI エマージング インデックスは
スマート・ベータ指数といって、一般的なベンチマークより高い収益を
狙うために売買頻度を高めています。

そのため、通常のインデックスファンドよりもコストが高くなりがちです。
次回の運用報告書で実質コストが大きく、下がるようであればよいですが、
引き続き実質コストが1%台となるようであれば、投資するに値しないでしょう。

直近のパフォーマンスだけで見ると、iFree新興国株式インデックスのほうが
優れてはいますが、新興国株式のインデックスファンドであれば、
eMAXIS Slim 新興国株式あたりがコスト的にみてもおすすめだと思います。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆iFree新興国株式インデックスから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?