毎月分配型のファンドでありながら、毎月資金が流入し、
純資産総額が伸びているニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド
『ラッキー・カントリー』。

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』には、
毎月分配型と資産成長型の2種類のファンドがありますが、今日はより、
人気の高い毎月分配型を分析していきます。

資産成長型を保有している人や、購入を検討している人の
参考になるように書いていますので、ぜひ参考にしてください。

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、相対的に配当利回りの高い「株式」および「リート」
を実質的な投資対象とします。業種別手見ると、金融の比率が高く、
次いでリート、生活必需品と続きます。


※引用:マンスリーレポート

ファンドの仕組みは?

ファンドの運用はファンド・オブ・ファンズ方式で行い、オーストラリア
株式の実質的な運用はレッグ・メイソン・アセット・マネジメント・
オーストラリア・リミテッドが行います。

レッグ・メイソンは1899年に設立され、米国メリーランド州ボルティモアに本部を置く
歴史ある資産運用会社です。グループ全体では、85兆円もの資産を運用しています。

オーストラリア株式の運用については30年以上の実績があります。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』は
現在、1600億円ほどの規模になっていますので、特に心配はありません。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

そして、ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の
実質コストは1.7928%とかなり高いです。

基本的には手を出してはいけないファンドですね。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.7928%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.7928%(概算値)

※引用:運用報告書(2018年11月28日)

まだラッキー・カントリーに投資しているの?ラッキー・カントリーよりはるかに優れたアクティブファンド特集

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の評価分析

基準価額をどう見る?

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の
基準価額は5200円程度となっています。

分配金再投資の基準価額(青線)で見ると、10000~12000円程度を
推移していますが、基準価額ベースで見てみると、3年間で半分くらい
にまで下落しています。

見事なまでにタコ足配当になっていることがよくわかります。


※モーニングスター

利回りはどれくらい?

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の
利回りはどうなっているか見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲19.59%と大きくマイナスとなりました。
3年、5年平均利回りでみても、下位30%に入っているので、パフォーマンスは
優れているとは到底言えません。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲19.59% 97%
3年 ▲1.39% 70%
5年 1.09% 77%
10年

※2019年1月時点

標準偏差は?

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の
標準偏差を見てみましょう。

こちらも同カテゴリー内では、下位20~30%に入っており、基準価額の
変動が比較的大きい運用になっていることがわかります。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 14.82 77%
3年 16.00 83%
5年 15.98 94%
10年

※2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の
年別の利回りを見てみましょう。

2018年の大きな下落がなければ、堅実な運用ができているように
見えましたが、この下落はかなり痛いですね。

いくらプラスのリターンを出せる年があっても、大きく下落する年が
あるとリターンが相殺されてしまうのであまり投資する気になれません。

年間利回り
2018年 ▲19.59%
2017年 10.22%
2016年 8.17%
2015年 ▲5.90%
2014年 17.01%

※2019年1月時点

最大下落率はどれくらい?

投資をするにあたって、どの程度下落する可能性があるのかは知っておきたい
ポイントです。

標準偏差からもある程度は想定できるものの、やはり実際に下落したかが
一番参考になります。

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』は
2018年1年間の▲19.59%が最大の下落率となっています。

下落幅は思ったよりは小さい印象です。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲9.67%
3カ月 ▲15.48%
6カ月 ▲17.73%
12カ月 ▲19.59%

※2019年1月時点

分配金の推移は?

分配金は2014年から毎月150円がずっと継続しています。ただし、
分配金の30%は当期の収益で賄うことができていないため、元本等
から取り崩されています。

典型的なタコ足配当ですね。

現在、基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りが30%を
超えており、異常事態となっています。

繰越対象額も1600円程度しかありませんので、ここ1年以内に
減配されるのはほぼ確実でしょう。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
73期 150円 46 1,817円
74 150円 44 1,774円
75 150円 47円 1,728円
76 150円 48 1,681円
77 150円 48 1,634円
78 150円 44円 1,590円

評判はどう?

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の
評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入している
人が多いということなので、評判が良いということです。

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』は
2014年以降、毎月資金が流入しており、2017年には大きく人気に火が付きました。

パフォーマンスが優れないにも関わらず資金が流入し続けているのは、
見かけの分配金利回りが高いことによる影響です。


※モーニングスター

ニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド『ラッキー・カントリー』の今後の見通し

まず、オーストラリアの株式市場は、経済の回復基調や好調な企業収益の
下支えもあり、株価の押し上げ要因になると考えます。

またオーストラリア準備銀行が当面、現行の政策金利を据え置くと予想
されているので、株価の下支えになりそうです。ですので、緩やかでは
ありますが、今後も成長基調をたどるものと思います。

ただし、毎月分配型の投資信託となると話は変わります。さきほども
話しましたが、現在タコ足配当が続いており、分配金余力も10カ月程度
しかありません。

当ファンドの収益力から考えて、適正な分配金は20円/月程度ですので、
今後は、分配金の切り下げが間違いなく行われます。

毎月、分配金がもらえているからと安心している人も多いかもしれませんが、
あなたが受け取っている分配金はあなたが投資した元本の中から払われている
だけなので、決して得をしていません。

他にもっと優れたファンドがいくらでもありますので、もし保有しているなら
即刻売ってしまったほうが賢明です。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆ラッキー・カントリーから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?