モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤー2015につづき、
2018でも優秀賞を受賞したグローバル・ヘルスケア&バイオ・
ファンド『健次』。

ヘルスケア・バイオといったまさに将来性がありそうな分野に特化した
ファンドですが、実際のところはどうなのでしょうか?

「健次って投資対象としてどうなの?」

「健次って持ってて大丈夫なの?」

「健次より良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。

今日は、投資信託『健次』について徹底的に分析していきます。


グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』の基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、世界主要先進国市場のヘルスケア・バイオ関連企業の株式です。
主に、製薬、バイオテクノロジー、医療製品、医療・健康サービスの4分野に
分散投資をしていきます。

先進国を中心とした高齢化の進展や新興国の経済成長に伴う医療の発達により、
こういったテーマの株式は注目を集める可能性は高いですね。


※引用:交付目論見書

健次の国別の組入比率を見てみると、7割近くが米国株と
なっています。

業種別では医薬品メーカーが一番比率が高くなっています。


※引用:マンスリーレポート

現在は73銘柄で構成されており、大半が医薬品メーカーです。

コロナ禍においては、こういった銘柄が組入られている健次
はかなり有利に働いたと思われます。

ただ、やはり医薬品メーカーは当たり外れが大きいので、
投資先としては、あまり好きではありません。

※引用:マンスリーレポート

つみたてNISAとiDeCoの対応状況は?

つみたてNISAやiDeCoで積立投資を検討している人も多いと
思います。

そこで、つみたてNISAやiDeCoの対応状況をまとめました。

つみたてNISA iDeCo
× ×

※2021年4月時点

運用の体制は?

株式の実質的な運用は、ウエリントン・マネージメント・カンパニー・
エルエルピーが行います。ウエリントンはヘルスケア部門では、世界
最大規模のファンドの運用を行っています

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』は一時期
4000億円の規模のファンドでしたが、だんだん純資産が減少
しており、現在は約1700億円ほどです。

規模としては、全く心配必要ありません。


※マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』の実質コストは
2.48%と異常に高くなっています。購入時手数料もかかることを考える
と、この時点で手を出してはいけないファンドですね。

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 2.42%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 2.48%(概算値)

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』の評価分析

基準価額をどう見る?

健次の基準価額は直近3年間で10,000円近辺を上下に大きく
変動しています。

もともと10,000円を大きく下回らないように分配金を出して
いる関係で、10,000円近辺を変動するようになっています。

分配金を受けとらずに運用した場合の基準価額(青線)を
見ると、3年間で30%以上、上昇していますので、運用
自体はプラスの利回りで運用できていることがわかります。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

続いて、グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』の
利回りを見ていきます。

直近1年間の利回りは29.04%となっています。

3年、5年、10年平均利回りを見ると、8%以上の利回りで
安定しているので、このあたりは高評価です。

ただ、医療・医薬品の銘柄は開発がうまくいくかどうかで、
株価に大きな影響が出るため、積極的に投資をしていく
には少しギャンブル要素が強いように感じます。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 +29.04%
3年 +12.23%
5年 +8.55%
10年 +15.39%

※2021年4月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している先進国株式ファンドランキング

同カテゴリー内での利回りランキングは?

健次は日本株を含むグローバル株式カテゴリーに属しています。

投資をするのであれば、同カテゴリーでも優秀なパフォ
ーマンスのファンドに投資をしたいと思うので、同カテゴリー
内でのパフォーマンスのランキングを調べました。

パフォーマンスを見た段階では、健次も悪くないと思いましたが、
こうして、カテゴリー内の順位を見てみると、10年平均利回り
以外は平均的な水準であることがわかります。

投資をするのであれば、どの期間の利回りでも上位30%内に
入っているファンドを選びたいものです。

上位●%
1年 92%
3年 42%
5年 57%
10年 4%

※2021年4月時点

年別の運用利回りは?

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』の年別の
パフォーマンスを見てみましょう。

2016年は他の株式ファンドがプラスだったにもかかわらず、
二桁のマイナスとなってしまっており、パフォーマンス悪化の
一因となりました。

ただ、総じて悪くないパフォーマンスと言えます。

年間利回り
2021年 +4.94%(1-3月)
2020年 +7.14%
2019年 +24.90%
2018年 ▲5.80%
2017年 +9.88%
2016年 ▲13.81%
2015年 +12.82%
2014年 +39.85%

※2021年4月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

インデックスファンドとの利回り比較

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』への投資を検討
するのであれば、少なくとも低コストのインデックスファンドよりは
パフォーマンスが優れていなければ投資する価値がありません。

健次は、米国株を中心に先進国株式に分散投資をしていることから、
先進国株式の人気ファンドであるeMAXIS Slim 先進国株式インデックス
パフォーマンスを比較しました。


※引用:モーニングスター

直近3年間のパフォーマンスはほぼeMAXIS Slim 先進国株式インデックス
が負けていましたが、直近の直近でパフォーマンスが逆転しています。

ただ、大半の期間は健次のパフォーマンスが上回っていますので、
候補として挙げても悪くないですね。

健次 Slim 先進国
1年 +29.04% +56.55%
3年 +12.23% +15.04%
5年 +8.55%
10年 +15.39%

※2021年4月時点

類似ファンドとの利回り比較

アクティブファンドに投資をするのであれば、他のアクティブ
ファンドとパフォーマンスを比較しておいて損はありません。

今回は、健次と同じように米国を中心に先進国株に分散投資を
している大和住銀 DC海外株式アクティブファンド
比較を行いました。


※引用:モーニングスター

コロナショック前まではかなり競っていましたが、コロナ
ショック後は、大和住銀 DC海外株式アクティブファンド
大きく突き放しています。

それでは、より長期のパフォーマンスを比較してみると
どうでしょうか?

健次 DC海外株式
1年 +29.04% +82.24%
3年 +12.23% +23.66%
5年 +8.55% +21.36%
10年 +15.39% +17.14%

※2021年4月時点

5年平均、10年平均利回りともに、大和住銀 DC海外株式
アクティブファンド
が上回っています。

こう比較すると、安定して20%近いリターンを出し続けている
大和住銀 DC海外株式アクティブファンドのほうが投資対象
としては優れていると言えます。

とはいえ、健次も悪くないパフォーマンスですので、
選択しても問題ないでしょう。

最大下落率はどれくらい?

投資をするにあたって、気にあるのがどの程度下落するかでしょう。

標準偏差である程度は理解できるものの、やはり実際に下落したかは
気になります。

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』はリーマンショック
のタイミングで1年間で▲40.66%下落しました。

ファンドの運用においては、大きく下落することもありますが、
長期保有をすることでしっかりプラスのリターンが出ていますので、
くれぐれもパニック売りはしないようにしてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲19.04%
3カ月 ▲36.69%
6カ月 ▲35.78%
12カ月 ▲40.66%

※2021年4月時点

分配金の推移は?

健次は年2回(2月、8月)の分配を行っています。

10,000円を大きく下回らないように分配金を出しているので、
パフォーマンスが奮わないときは分配金が減ってしまいます。

分配金を受け取ると嬉しい気持ちになりますが、そもそも分配金を
期待して投資をするファンドではないので、分配金を目当てにする
のであれば投資をしてはいけません。

また、このブログでは何度も言っていますが、分配金は受け取らずに
再投資したほうが投資効率は確実に高くなります。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金
2021年 342円
2020年 1,393円
2019年 0円
2018年 660円
2017年 0円
2016年 0円
2015年 3,212円

※2021年4月時点

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで
一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約している人が
多いということなので、評判が悪いということです。

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』は2016年以降、
毎月資金が流出しており、あまり評判はよくないようです。

2020年のコロナ以降は、医療・医薬品ファンドということもあり、
一部資金が流入してきています。

ただ、2021年に入り、また資金が流出超過になり始めました。


※引用:モーニングスター

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド『健次』の評価まとめと今後の見通し

今後、世界的に高齢化が進む中で、医療費の増加はますます
問題となってきます。

また新興国でも経済成長により、所得水準の上昇と人口増加に
より、医療費は増大します。

また遺伝子治療などバイオテクノロジーの進化により、今まで
治療ができなかった病気の治療といった広がりも期待できます。

マーケットとしては間違いなく伸びしろがある分野です。

ただ、製薬企業は特にそうですが、莫大な資金と時間を投じた
研究開発がうまく行かず中止となってしまったりすると、株価が
大きく下落する要因になります。

年数%のリターンは今後も期待できますが、1桁後半のリターンを
安定的に得たいと思うのであれば、かなり難しいでしょう。

インデックスファンドともパフォーマンスで競っていますので、
大きくインデックスファンドに負けることはないと思いますが、
eMAXIS Slim先進国株式インデックスを大きくアウトパフォーム
するのは難しそうです。

ですので、無難に選択をするのであれば、MSCIコクサイに
連動するインデックスファンドに投資をしておけば十分ですが、

より高いリターンを追求したいということであれば、
大和住銀 DC海外アクティブファンドを選択するのがよいでしょう。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点