ゆうちょ銀行で1番よく売れているファンドがバランス型ファンド
なのはご存知でしょうか?

投資初心者をターゲットに、リスクの比較的低いバランスファンドを
売りに売っています。それもあって、運用会社はゆうちょ専用の
バランス型ファンドを作ったりするわけです。

そして、JPモルガンが設定したのがJP 4資産バランスファンド
『ゆうバランス』です。

ゆうバランスには安定型、安定成長型、成長型の3コースがありますが、
今日は、一番人気の安定成長型を見ていきたいと思います。

安定型、成長型を検討中の方にも参考になるように書いていますので、
読んでみてください。

JP 4資産バランスファンド安定成長コース『ゆうバランス』の基本情報

投資対象は?

ゆうバランスの投資対象は、日本および先進国の株式、債券を
実質的な投資対象とし、安定収益の確保を目指します。

安定コース、安定成長コース、成長コースそれぞれで株式の
組入比率は異なっていますが、実際の投資先には差異がなく、
すべてインデックスファンドに投資することになります。

3コースのアセットアロケーションは以下のようになっており、
安定成長コースは国内株式30%、海外株式20%、国内債券40%
海外債券10%となっています。

まさに成長コースと安定コースの間のリスクとなっています。

注意したいのは、日本債券の比率が40%ほどありますが、この部分は
完全に手数料負けしていますので、持っているだけでマイナスになる
構造となっています。

こういったところがバランス型のアクティブファンドの残念なところです。


※引用:マンスリーレポート(2019年4月)

純資産総額は?

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できな
かったり、コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ゆうバランス 安定成長コースの純資産総額は約1200億円となって
おり、どんどん規模が大きくなっています。

規模によるデメリットはないと言えますね。

販売会社がゆうちょ銀行だけにもかからわず、この勢いというのは、
改めてゆうちょ銀行の販売力は恐ろしいものがありますね。


※引用:マンスリーレポート(2019年4月)

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ゆうバランスの実質コストは0.623%とアクティブファンドの中では
割安となっていますが、実質的にインデックスファンドに投資をして
いるだけにもかかわらずこの手数料は高すぎます。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 1.08%(税込)※上限
信託報酬 0.497%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.623%(概算値)

※引用:第16期 運用報告書(決算日2019年1月15日)

実質コストを加味しても、圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

JP 4資産バランスファンド安定成長コース『ゆうバランス』の評価分析

基準価額の推移は?

ゆうバランスの基準価額の推移を見てみましょう。

2017年は順調に基準価額を伸ばしていましたが、2018年末にかけて
大きく下落しました。

2019年に入ってからはまた大きく反発しています。


※引用:モーニングスター

利回りは?

ゆうバランスの直近1年間の利回りは+1.13%となっています。
パフォーマンスは同カテゴリー内でも平均的な水準です。

3年平均利回りは+4.26%となっており、同カテゴリー内でも
13%程度なので、3年平均は優れた成果を残せています。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +1.13% 52%
3年 +4.26 13%
5年
10年

※2019年4月時点

標準偏差は?

ゆうバランスの標準偏差を見てみると、同カテゴリー内では上位6~7割
程度です。バランスファンドですので、もともと標準偏差は小さく
なっていますが、半分以上の順位は確保してほしいものですね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 8.95 74%
3年 6.91 58%
5年
10年

※2019年4月時点

年別のパフォーマンスは?

ゆうバランスの年別のパフォーマンスを見てみましょう。

2016年から安定的にプラスのリターンを維持できているという点は
投資初心者の方にとってはプラス評価になりそうです。

年間利回り
2019年 5.30%(1-3月)
2018年 1.13%
2017年 9.81%
2016年 5.88%(4-12月)

※2019年4月時点

インデックスファンドとの比較

ゆうバランスに投資をするのであれば、インデックスファンドに
分散投資をしているようなインデックスファンドファンドと
パフォーマンスの比較はしておきたいところです。

今回は、ゆうバランス安定コース/安定成長コース/成長コースと
人気のバランス型ファンドであるeMAXIS Slim バランス(8資産
均等型)
との比較をしてみましょう。

2018年10月末までは、ゆうバランスのほうがパフォーマンスは
優れていましたが、2018年末以降は明らかにeMAXIS Slim バランス
(8資産均等型)のほうが優れています。

大きく下落したあとにどれだけすぐに回復できるかはファンドの
運用で非常に重要なポイントです。


※引用:モーニングスター

分配金は?

ゆうバランスの分配金は2017年に5円から10円に倍増しました。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りは1〜2%なので
適正な水準であると言えますね。

この程度の分配金を出すくらいであれば、再投資に回して利益の追求
を目指してほしいというのが私の正直な感想です。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
14期 10円 4 1754円
15期 10円 0円 1640
16期 10円 3 1636円

評判はどう?

評判がどうなのかを判断するうえで資金の流出入額が役に立ちます。
資金が流入超過になっているということは、それだけ購入している人
が多いということです。つまり評判が良いということです。

それでは、ゆうバランスはどうでしょうか。

ほぼ毎月資金が流入しており、人気の高いと思ってしまいがちです。
しかし、この流入は、ゆうちょ銀行が販売に力を入れ始めたことが
大きいと思いますので、評判如何というよりは販売会社の販売力が
ただすごかったと言えます。

※引用:モーニングスター

JP 4資産バランスファンド安定成長コース『ゆうバランス』の今後の見通し

常々、このブログでは言っていますが、私個人としては、バランス型
ファンドというものをおすすめはしていません。

ゆうバランスもそうですが、高いコストを支払って国内債券を買うのは
馬鹿らしいですし、他人任せになりすぎて自分の投資の自力がつかない
点も気になります。

バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか

先進国の株式と債券ですので、中長期的には年数%のリターンは
期待できると思いますが、投資機会を逆に逃してしまっている可能性も
あります。

何より、インデックスファンドにパフォーマンスで負けてしまっている
時点で、あえてゆうバランスに投資をするメリットはないように感じますね。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆ゆうバランスから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?