世界の様々な債券の中から質の高いインカム収入が期待できる債券を
厳選し投資をしていく野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンド。

 

様々な債券に分散することで、リスクを下げつつ、高いリターンを
狙うのですが、果たして運用はうまくいっているのでしょうか?

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドはAコースからFコースまで
幅広く用意されていますが、今日は、一番人気の高いAコース
(為替ヘッジあり、年2回決算型)について詳しく分析していきたい
と思います。

 

B~Fコースを検討の方も基本的には同じファンドですので、参考に
なると思います。

 

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの基本情報

投資対象は?

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの投資対象は、
世界各国の債券(国債、政府機関債、社債、モーゲージ証券、
資産担保証券、ハイ・イールド債券、バンクローン)で、
インカムゲインの確保と信託財産の成長を目指します。

 


※引用:交付目論見書

 

まず、債券ファンドなので組み入れられている債券の格付を見て
みましょう。

 

格付というのは、元本や利息の支払いが滞る可能性を示す指標
であり、BBB以上は投資適格債券とよばれ、一般的にはリスクが
低いとされています。

 

一方、BB以下の格付の債券は投資不適格債券と呼ばれており、
リスクが高いため、積極的には手を出さないほうがよい債券です。

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの格付配分を見て
みると、BB以下の債券が40%程度となっており、リスクの高い債券
がかなり含まれていることがわかります。

 

国別で見てみると、90%以上が米国の債券になっていますね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

細かい組入銘柄を見てみると、以下のようになっています。
リスクの高い債券比率が高いので、その点は注意してください。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

続いて、野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの純資産総額
はどうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額
だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの純資産総額は、
約3000億円となっています。

 

正直、そこまで優れたファンドであるとは思えませんが、某販売会社が
精力的に売り込んだということでしょう。

 


※引用:モーニングスター

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの実質コストは1.848%
となっており、割高となっています。

 

購入時手数料もしっかり3%取られますので、購入には慎重に
ならざるをえません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.848%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.848%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの評価分析

基準価額の推移は?

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの基準価額は、
2018年に大きく下落しましたが、2019年に入り、2018年の下落を
上回る勢いで上昇しています。

 

注意すべき点としては、債券ファンドなので、株式ファンドとは
異なる値動きをすると思い、購入している人も多いと思いますが、
実際にはかなり似通った値動きをしており、これでは分散効果
は期待できません。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの利回りを見て
みましょう。

 

直近1年間の利回りは4.85%となっています。一見、高いリターンを
残せていると思いがちですが、同カテゴリー内では下位30%に入る
パフォーマンスなので、他にもっと高いリターンを狙えるファンドが
あるということです。

 

また3年平均利回りでは1%となっており、実質ファンドの収益の
約半分は運用会社に取られてしまっているということになります。

 

収益が低いのであれば、信託報酬ももっと下げてほしいものです。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 4.85% 76%
3年 1.77% 26%
5年
10年

※2020年1月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの標準偏差を見て
みると、同カテゴリー内で上位1割に入っています。

 

基準価額の変動は相対的に低く抑えられていますので、リスクを
抑えながら、とにかく手堅く運用したいという人にとっては、
おすすめかもしれません。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 2.09 8%
3年 1.89 3%
5年
10年

※2020年1月時点

 

年別運用パフォーマンスは?

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの年別の運用
パフォーマンスを見てみましょう。

 

2017年にせっかく生み出した収益は2018年の運用で相殺して
しまいましたが、2019年にしっかり取り戻すことができています。

年間利回り
2019年 4.85%
2018年 ▲3.35%
2017年 3.99%
2016年
2015年
2014年

※2020年1月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

分配金の推移は?

続いて、分配金の推移を見てみましょう。

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースは、毎年4月と10月に
10円の分配がされています。

 

基準価額に対する分配金の利回りは2%程度なので、大きな影響はない
と言えるでしょう。

 

また、このブログでは何度も言っていますが、分配金は受け取らずに
再投資したほうが投資効率は確実に高くなります。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金
2019年 20円
2018年 20円
2017年 20円
2018年 10円

※2020年1月時点

 

評判はどう?

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの評判はネットでの
書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に
立つのが、月次の資金流出入額です。

 

資金が流入しているということは、それだけ野村 PIMCO・世界イン
カム戦略ファンドAコースを購入している人が多いということなので、
評判がよくなっているということです。

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースは、2018年初めまで
は毎月資金が流入していましたが、直近は毎月流出しています。

 

2019年に入り、パフォーマンスが戻ってきたので、資金の流入も
ありえるかと思いましたが、毎月流出が続いており、評判が良い
とは言えませんね。

 


※引用:モーニングスター

 

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコースの今後の見通し

野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドは様々な債券に投資を
することで他の債券ファンドよりも高いリターンを狙っていくと
謳ってはいますが、その実そこまで運用がうまくいっていません。

 

3年平均利回りを見れば明らかですが、ファンドの信託報酬が
高すぎるため、ファンドの収益の約半分は運用会社に取られて
しまっています。

 

50%も搾取されていると考えると、積極的に投資をしたいと
思う人は少ないのではないでしょうか。

 

もっと低コストのインデックスファンドでリターンが高いものが
いくらでもありますし、私ならば無難に米国債を購入しておけば
十分だと思います。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点