よくよく10年利回りランキングを見直してみると、
J-REITのランキングがありませんでしたので、
新しくランキングを作成しました。

 

J-REITは組入られる銘柄がそもそも60銘柄程度しか
ないため、正直ほとんどどのファンドを選んだとして
もパフォーマンスに大きな影響はありません。

 

ただ、その中でも、頭一つ抜き出たパフォーマンスの
J-REITもありますので、ぜひ投資の参考にしてください。

J-REIT型ファンドの10年平均利回りランキングを発表!

J-REIT型ファンドは現在90本あります。

 

その中で、2010年9月~2020年8月末までの10年間で
リターンの高かった上位20社をランキングにしました。

 

さて、どういった投資信託がランクインしているので
しょうか?

 

正直なところ、J-REITファンドの場合、パフォーマンスも
もちろん重要ですが、分配金をどの程度、出しているかの
ほうが重要と言えます。

 

そのため、パフォーマンスはあくまでも参考値として、
確認しながらも、あまりにひどいタコ足配当を行って
いないかなどを詳しくチェックしてください。

 

ランキングの中には、純資産総額が非常に小さく、今から
投資をするのは、あまりおすすめできないものも含まれます。

 

そのため、1つ1つ全ファンドを見るのも大変だと思いますので、
少なくとも、純資産総額が約100億円以上あるファンドのみ私が
分析記事を作成しました.

 

以下のリンクが張ってあるページが該当するファンドになります。

 

順位 銘柄 10年平均利回り
1 J-REITオープン(年4回) 12.03%
2 ダイワ・アクティブJリート・ファンド(年4回) 10.92%
3 J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型) 10.80%
4 物件満彩 10.51%
5 三菱UFJ Jリートオープン(3カ月決算型) 10.44%
6 Jリートアクティブファンド(1年決算) 10.42%
7 みずほ J-REITファンド 10.39%
8 Jリートファンド 10.35%
9 eMAXIS 国内リートインデックス 10.30%
10 DIAM ストラテジックJ-REITファンド 10.21%
11 SMT J-REITインデックス・オープン 10.11%
12 ニッセイ J-REITファンド(毎月決算型) 9.90%
13 インデックスファンドJリート 9.89%
14 ニッセイ Jリートオープン(毎月分配型) 9.83%
15 ビルオーナー 9.80%
16 新光 J-REITオープン 9.62%
17  ダイワ J-REITオープン(毎月分配型) 9.47%
18 しんきん Jリートオープン(毎月決算型) 9.31%
19 オーナーズ・インカム 9.25%
20 日本のツボ 9.12%

※2010年9月~2020年8月末

 

ランクインしているファンドをみると、9位に東証REIT指数に
連動するeMAIXS 国内リートインデックスが入っています。

 

つまり、毎月分配金を出すことでパフォーマンスがインデックス
ファンド以下になっているファンドが多いということですね。

 

単純にリターンを狙うのであれば、インデックスファンドで
十分ということがわかります。

 

J-REITがおすすめできる理由は、パフォーマンスも
そうですが、株式ファンドとの相関の低い点もあげられます。

 

2018年が良い例ですが、株式ファンドが軒並みやられた
中で、J-REITは堅調に推移しました。

 

このように株式ファンドと組み合わせるとリスクを下げる
効果が期待できますので、ポートフォリオに組み入れる
検討をしてもよいと思います。

 

分配金を受け取らずに再投資をするか、最近は超低コスト
のインデックスファンドが増えているので、そちらに
投資するというのも選択肢でしょう。

 

どちらにしてもそこまで大きくパフォーマンスは変わり
ません。

 

J-REITファンドへの投資を検討するのであれば、毎月分配型の
海外REITファンドも調べたうえで投資をするとよいと思います。

 

2020年2月更新!海外REIT型投資信託のおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点