モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤー2016最優秀賞、2017で
優秀賞を受賞した三井住友アセットのアジア好利回りリート・ファンド。

海外資産へ投資する場合は、海外の運用会社に再委託する場合が
多い中で、アナリストをシンガポールや香港のグループ法人にも
配置し、現地から直接情報を取得し、運用・調査を行っています。

はたして、どのような特徴があるファンドなのか、今日は、
アジア好利回りリート・ファンドについて徹底分析していきます。

アジア好利回りリート・ファンドの基本情報

投資対象は?

アジア好利回りリート・ファンドの投資対象は、アジアのリートです。

リートは少額から不動産に投資ができて、オフィスビルや商業施設
といった普通では投資できないような不動産にも間接的に投資が
できるということで、一部の投資家から人気を集めています。

中でも、アジアの不動産は、国内不動産よりも成長余力があると
考えられており、高い利回りを期待して資金が集まってきています。

アジア好利回りリート・ファンドの国別の構成比を見てみると、
以下のようになっています。

シンガポールが約50%、次いで、オーストラリア、香港となっています。

シンガポール、オーストラリア、香港で9割以上を占めますので、
アジアと言いつつも、この3カ国のリートに投資をするファンドだと
思っておいたほうがよいでしょう。

※引用:マンスリーレポート(2018年11月時点)

純資産総額は?

純資産総額というのは、投資家から集めた資金の総額をさしますが、
必ず確認しておきたいポイントです。

純資産総額が少なければ、効率よく運用ができないため、コストが
嵩みますし、運用会社としても運用に力を入れないため、パフォー
マンスに影響が出てきます。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

アジア好利回りリート・ファンドの純資産総額は、約1800億円と
なっており、規模としては全く問題ありません。

実質コストは?

投資信託には、販売時の手数料・信託報酬・信託財産保留金以外
にも費用がかかっているのをご存知でしょうか?

これを実質コストと言うのですが、実質コストにはファンドの銘柄
を入れ替える際にかかる売買手数料や有価証券取引税、監査費用や
印刷費用が含まれます。

目論見書の信託報酬よりも実質コストがかなり割高になっている
ファンドもあるので、必ずチェックしたいポイントです。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

アジア好利回りリート・ファンドの実質コストは1.877%で、
同カテゴリー内でも割高になっています。

購入時手数料も3.78%と異常に高くなっていますので、
慎重に選定しなければなりません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.78%(税込)
信託報酬 1.8124%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.877%(概算値)

※2018年9月時点

アジア好利回りリート・ファンドで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

アジア好利回りリート・ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

アジア好利回りリート・ファンドの基準価額は、分配金再投資基準価額
(青線)で見てみると、2016年から20%程度は上昇しています。

しかし、基準価額は下がり続けており、ファンドの収益力に見合わない
過剰な分配が行われていることがわかります。

※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

それでは、アジア好利回りリート・ファンドの利回りはどうでしょうか?

直近1年間の利回りは▲1.33%と優れません。しかし、3年平均利回り、
5年平均利回りは5%を超えてきており、リートとしては及第点と言える
と思います。

ただしカテゴリーランキングを見ると上位40%程度なので、そこそこの
ファンドというのが正しいかと思います。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲1.33% 52%
3年 5.92% 13%
5年 7.84% 38%
10年

※2018年12月時点

標準偏差は?

アジア好利回りリート・ファンドの標準偏差を見てみると、同カテゴリー
内でのランクは上位に位置しています。

ここから、パフォーマンスはそこそこですが、価格のブレは同カテゴリー
内では抑えらえていることがわかります。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 10.20 8%
3年 9.83 19%
5年 11.68 14%
10年

※2018年12月時点

年別のパフォーマンスは?

アジア好利回りリート・ファンドの年別の利回りを見てみると、
2015年以外は毎年プラスになっています。

20%超のリターンが出せるのはアジアリートだからこそと言えますね。

年間利回り
2018年 ▲1.23(9月末)
2017年 23.22%
2016年 3.33%
2015年 ▲5.46%
2014年 30.01%

※2018年12月時点

「アクティブファンドは儲からない」は嘘!私のファンド運用実績を㊙公開

類似ファンドとのパフォーマンス比較

投資を検討するにあたり、インデックスファンドとのパフォーマンス
は比較しておきたいところです。

アジア好利回りリート・ファンドと比較するのに最適なインデックスが
ありませんでしたので、国内リートのベンチマークとしてよく用いられる
東証リート指数を採用しているニッセイJリートインデックスファンド
パフォーマンスの比較をしてみましょう。

黄線がアジア好利回りリート・ファンドですが、買ったり負けたりしている
状態です。

直近ではアジア好利回リート・ファンドのほうが優れているようです。

パッと見ると、この2つのファンドは相関が低いようなので、2つの
ファンドを保有することで、リスクを下げる効果が期待できます。

※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を検討するうえで、最大どの程度下落する可能性があるのかは
事前にある程度把握しておきたいところです。

もちろん、標準偏差からある程度予測することはできますが、実際に
どれくらい下落したことがあるのか確認するのは参考になります。

アジア好利回りリート・ファンドの最大下落率は、2013年5月~2013年7月
の3ヶ月間で、▲15.15%となっています。

さきほども言ったとおり、標準偏差(基準価額のブレ)が小さいので、
下落幅も他と比べて小さくなっています。

期間 下落率
1カ月 ▲9.09%
3カ月 ▲15.15
6カ月 ▲14.49%
12カ月 ▲11.53%

※2018年12月時点

分配金は?

アジア好利回りリート・ファンドは2016年初めには毎月200円でしたが、
毎年、減額されています。

分配金の内訳をみても、ファンドの収益以外から支払われているのが
ほとんどなので、決して健全な分配が行われているとは言えません。

最新の運用報告書が公開された時点では、90円ありましたが、
分配金余力が少なくなったためでしょう、現在では90円から60円に
まで下がってしまいました。

ただ60円に下がったからと言って安心できる水準ではないため
くれぐれも注意してください。

分配金 当期収益以外 繰越対象額
79期 90円 68円 1087円
80期 90円 70円 1019円
81期 90円 68円 951円
82期 90円 69円 882円
83期 90円 74円 808円
84期 90円 74円 734円

評判はどう?

アジア好利回りリート・ファンドの評判を確認する上で、毎月の資金の
流出入が役立ちます。

資金流入が多くなっていれば、人気が出てきているファンドであると
わかりますし、流出が続いているようであれば、評判が悪くなっている
ファンドと言えます。

それでは、アジア好利回りリート・ファンドの評価はどうでしょうか?

以下のグラフをご覧ください。配当金が毎月200円あったときは大きく
資金が流入しましたが、最近では減配を続けているため、資金の流出が
続いています。

※引用:モーニングスター

アジア好利回りリート・ファンドの今後の見通し

海外リートの期待利回りは5%から1桁後半と言われますが、アジア
好利回りリート・ファンドでも同程度のリターンは期待できる水準です。

ただ、やはり毎月分配型となっている点は問題であり、せっかく
リターンを大きく伸ばすチャンスがあるにもかかわらず、棒に
振ってしまっています。

何より、分配金余力が少ないことから、今後はさらなる分配金の
減額が行われることは間違いありませんし、タコ足配当をしているので、
基準価額の下落も止まらないでしょう。

配当をもらえているからと安心していても、実際はあなたの投資した
元本が削られているだけという状態になりかねませんので、冷静に
なってファンドの見直しをしてほしいと思います。

アジア好利回りリート・ファンドから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集