大和投信から面白いファンドが登場します。その名もiFreeレバレッジ S&P500。
S&P500(米ドルベース)の値動きの2倍程度になるようにレバレッジをかけた運用を
していくファンドです。

ただし、このファンド注意が必要です。

単純にS&P500の値動きの2倍動くと思っていると思わぬドツボにはまります。
ですので、今日は、iFreeレバレッジ S&P500を徹底分析していきます。
購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

iFreeレバレッジ S&P500の基本情報

S&P500とは?

S&P500は、S&P Dow Jones Indicesが算出しているアメリカの代表的な株式指数で、
ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の
株価をもとに算出される指標です。

私が、S&P500のインデックスファンドを強くおすすめするのは、下図のように
S&P500の過去の値動きが見事に右肩上がりになっているからです。

インデックスファンドは低コストだから何を選んでも良いと言うわけではありません。
しっかり成長している指数を選ばなければ、あなたの資産も増えることはありませんので、
注意してください。

投資対象は?

iFreeレバレッジ S&P500の投資対象は、株式指数先物及び米国の債券、国内債券です。

原則、株式組入総額と株式指数先物の買建玉の時価総額の合計が、純資産総額の
2倍になるように調整することで、日々の基準価額の値動きがS&P500(米ドルベース)の
値動きの2倍程度となることを目指します。

為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジも行います。

留意点

レバレッジ型のファンドでは必ず起きる事象ですが、iFreeレバレッジ S&P500は
あくまで1日の値動きが2倍になるということであり、2日以上の期間で見ると、
必ずしも2倍の値動きにはなりません。

下表の例で見ると、よりイメージが湧きますが、
仮にS&P500とiFree レバレッジ S&P500を比較すると、1日の値動きはS&P500の
2倍になっていますが、基準価額ベースで見ると、iFree レバレッジS&P500では、
もとの水準まで戻せていません。

頭で考えると、よくわからなくなるので、レバレッジ型のファンドは、
こうなるものだと覚えたほうが早いと思います。

対象 当初 1日目 2日目
S&P500 100円 95.0円(▲5%) 100円(+5.26%)
iFree レバレッジ S&P500 100円 90.0円(▲10%) 99.468円(+10.52%)

これでもまだイメージがわかない人がいるかもしれませんので、
もうひとつ例を挙げておきます。

昨年、大幅な値上がりを見せて一躍注目を集めた楽天の日本株4.3倍ブルと
日経平均を比較した図です。

日本株4.3倍ブルは1日の値動きが日経平均の4.3倍になるように
レバレッジがかけられています。

どうでしょう?

見るべきポイントは2点です。1つ目は2018年8月時点のパフォーマンスが
日経平均の4.3倍になっていないこと。

もう1つは、レバレッジをかけた楽天 日本株ブル4.3倍が日経平均より
パフォーマンスが悪い時期が長く続いていること。の2点です。

特に下落局面に入ると、レバレッジ型のファンドは大きな影響を受け、
元の水準まで戻すのに時間がかかりますので、この特徴はしっかり理解しておいてください。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

iFreeレバレッジ S&P500 の実質コストは、まだ最新の運用報告書が出ていないので、
正確にはわかりませんが、1%は超えてくると思います。

実質コストが1%近くかかるのであれば、無難にS&P500の低コストインデックスファンドに
投資をしたほうがよいでしょう。

購入時手数料 2.16%(税込)
信託報酬 0.972%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト まだ不明

iFreeレバレッジ S&P500 の評価分析

通常のインデックスファンドよりも値動きが大きく、投機的な投資が好きな投資家にとっては、
興味を惹かれるないようかもしれません。しかし、前述したとおり、単純にS&P500の値動きの
2倍の推移をするわけではありません。

レバレッジ型のファンドというのは、下方圧力といって、基準価額が下落する方向に力が働きます。
もし、投資をするのであれば、eMAXIS Slim S&P500やiFree S&P500やへの投資金額を
2倍に増やしたほうが資産を増やすことに成功すると思いますよ。