インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で
戦っている大和証券投資信託委託のiFreeシリーズ。

今日は、大和証券投資信託委託のiFreeNYダウ・インデックス
について徹底的に分析したいと思います。

iFreeNYダウ・インデックスの基本情報

投資対象は?

投資対象は、米国の株式とし、ダウ・ジョーンズ工業株価平均
(円ベース)の動きに連動する運用成果を目指します。

ダウ・ジョーンズ工業株価平均とは、「NYダウ」「ダウ・ジョーンズ
工業株30種平均」とも呼ばれ、S&P Dow Jones Indicesが米国を代表する
優良30銘柄を選出し、算出した指標です。

米国株式の代表的な指標として世界中で注目されています。

組み入れ銘柄を見てみると、ボーイング、ゴールドマン・サックス、
ユナイテッド・ヘルス・グループなど米国の大手企業が組み入れられ
ていますね。


※引用:マンスリーレポート

次に、ファンドの値動きのイメージがつきやすいように、
ベンチマークの過去の推移を見てみましょう。

私がS&P500とともによくお勧めする理由は、2007年の
リーマンショックをはるかに上回る推移をしているという点です。

このように右肩上がりに成長しているのは、世界的にみても
S&PとNYダウくらいだと思います。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、iFreeNYダウ・インデックスの純資産総額はどうなって
いるか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも
見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまう
リスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

iFreeNYダウ・インデックスは下図のように2016年の新規設定以来、
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約88億円となっています。

ファンドの規模として88億円あれば、まったく問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。
NYダウ連動型のファンドは運用会社各社が作っていますが、運用リターンは
NYダウに連動するため、どこも差がつきません。

そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

iFreeNYダウ・インデックスの実質コストは、0.288%になっており、
昨年は0.329%だったことを考えてると、純資産総額が大きくなったことで、
コストが抑えられてきました。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.243%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.288%(概算値)

※引用;第2期 運用報告書(決算日:2018年9月7日)

iFreeNYダウ・インデックスの評価分析

基準価額の推移は?

iFreeNYダウ・インデックスの基準価額は、2018年1月末に大きく
下落して以来、なかなか上昇してきませんでしたが、ようやく
1月末の高値を更新する水準まで戻ってきました。

やはりここが米国株と日本株に違いですね。


※引用:モーニングスター

利回りはどう?

つづいて、iFreeNYダウ・インデックスの運用実績を見てみましょう。
直近1年間の利回りは21.04%となっています。

まだ設定してからの年数が短いため、長期の利回りはわかりませんが、
ベンチマークが同じ他のインデックスファンドを見れば、だいたいの
予測は可能です。

NYダウをベンチマークとしているETFを調べてみると、5年平均利回り
が13%/年になっていますので、それくらいは期待できそうです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 21.04% 19%
3年
5年
10年

※2018年11月時点

標準偏差は?

iFreeNYダウ・インデックスの標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内では下位3割程度に入っています。

インデックスファンドはアクティブファンドよりも
価格の変動幅が小さくなるので、このあたりが妥当でしょう。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 12.10 74%
3年
5年
10年

※2018年11月時点

年別のパフォーマンスは?

つづいて、iFreeNYダウ・インデックスの年別のパフォーマンス
を見てみましょう。

まだ設定されてからの期間が短いですが、好調な運用ができている
ことがわかりますね。

年間利回り
2018年 9.25%(9月末時点)
2017年 23.77%
2016年
2015年
2014年

※2018年11月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資をするのであれば、必ず類似ファンドとの
パフォーマンスの比較は不可欠です。

今日は、NYダウをベンチマークとする主要なインデックスファンドと
パフォーマンスを比較しています。

パフォーマンスの差は、コストの差だと思ってもらえればよいですが、
わずかながら、iFreeNYダウ・インデックスが一番優れています。


※引用:モーニングスターWEBサイト

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気に
なるのが、最大どの程度、資産が下落する可能性があるのか
という点かと思います。

iFreeNYダウ・インデックスの設定来の最大下落率を見てみると、
2018年1月に一番タイミング悪く買って、2018年3月に一番
タイミング悪く売った場合に最大-8.39%あなたの資産が目減りした
可能性があるということですね。

NYダウは非常に魅力的なベンチマークですが、デメリットとしては、
30銘柄に厳選しておりますので、値動きは通常より大きくなると
思っておいたほうがよいでしょう。

今後、当然、これ以上の下落タイミングはあると思いますが、
しっかり長期保有することで、リターンを狙っていけると思います。

ただし、何も考えず保有し続けるのは厳禁です。

考えなしの長期保有が自分の首を絞める理由とは?

期間 下落率
1カ月 ▲6.03%
3カ月 ▲8.39%
6カ月 ▲3.84%
12カ月 12.10%

※2018年11月時点

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率
というのが運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2017年9月8日~2018年9月7日の期間における運用リターンは、
iFreeNYダウ・インデックスが22.7%、ベンチマークが20.6%と
大きく開きました。

これはベンチマークであるNYダウは配当分が含まれていないため
乖離要因となっています。

配当分による乖離であれば、特に気にする必要はないでしょう。


※引用:第2期 運用報告書

評判はどう?

続いて、iFreeNYダウ・インデックスの評判を見てみましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということになります。

iFreeNYダウ・インデックスは、2016年の新規設定以来、ほとんど
毎月資金流入しています。

直近になって流入量が増えていることからも人気が出ていることが
わかりますね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

iFreeNYダウ・インデックスの評価まとめ

私はこのブログで常々言っているのが、インデックスファンドは
コストの安さだけで選んではいけない。ということです。

しっかりベンチマークとなっている指標が右肩上がりに成長して
いなければ、あなたの資産も増えない可能性が十分にあり得ます。

そういう意味では日経平均やTOPIX連動型のインデックスファンドは
あまりおすすめできないと思っていますが、逆にS&P500やNYダウに
連動しているインデックスファンドはとても魅力的だと思っています。

NYダウ連動型のインデックスファンドでは、このファンドとたらわ
ノーロードNYダウの2本がコスト最安値を争っていますので、どちらか
1本を持っておいて損はないと思います。