2017年末から高い分配金を出したことで分配利回りが高くなり、
注目を集めている次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』。

NYダウ構成銘柄をベースに組入銘柄を選定していく手法はオーソドックスで
ありながら、高いパフォーマスが期待できます。

今日は、次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の評判や
今後の見通しについて徹底的に分析していきます。

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NY・ダウ)に
おける構成銘柄を参考に、米国の株式約30種に投資を行います。

ダウ・ジョーンズ工業株価平均とは、ダウ・ジョーンズが米国を
代表する30銘柄を選定し、指数化したものです。

実際に組入れられている銘柄数は現在30銘柄となっており、
上位銘柄はすべてNY・ダウの構成銘柄となっています。

1位のボーイングはご存じのとおり、航空機メーカーです。

2位のユナイテッドヘルス・グループは消費者向けの医療給付や、
高齢者向けの健康管理サービスを提供しています。

とにかく世界的にも名だたる企業しか入っていないと
思ってください。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』は2017年頃から
純資産の伸びが止まっており、現在は430億円ほどの規模になって
います。規模としては、特に心配はありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の実質コストは、
1.97%とかなり高いです。

実質、NYダウをベンチマークとしたインデックスファンドの
ようなものなんで、これはボッタクリとしかいえませんね。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.566%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.97%(概算値)

※引用:運用報告書(決算日2019年3月7日)

まだメジャー・リーダーに投資しているの?メジャー・リーダーよりはるかに優れたアクティブファンド特集

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の評価分析

基準価額をどう見る?

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の基準価額は
10,000円を若干割り込んでいます。

メジャー・リーダーは基準価額が10,000円を越えた部分について
分配を出すような方針なので、基準価額は10,000円近辺を推移
するようにできています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

続いて、次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の利回りを
見てみましょう。

直近1年間の利回りは1.92%、3年平均利回りが15.335%、5年平均利回りが
10.10%となっています。パッとみると悪くはないですが、NYダウの
パフォーマンスと比較してから判断したいところです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 1.92% 62%
3年 15.35% 30%
5年 10.10% 27%
10年

※引用:2019年7月時点

標準偏差は?

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の標準偏差を
見てみましょう。

標準偏差は基準価額のブレが大きいかどうかを確認するための指標で、
将来の値動きの予測の参考にもなります。

常に上位を維持できているので、同カテゴリー内ではブレの小さい
運用ができているようですね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 19.58 30%
3年 14.78 26%
5年 17.05 31%
10年

※引用:2019年7月時点

年別のパフォーマンスは?

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の年別の利回りを
見てみましょう。

2018年には10%近いマイナスになってしまいましたが、それ以外の年
では着実にリターンを出せているので、評価できます。

年間利回り
2019年 11.47%(1-6月)
2018年 ▲9.63%
2017年 24.67%
2016年 ▲0.56%
2015年 4.06%
2014年 24.98%

※引用:2019年7月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』への投資を検討
するのであれば、インデックスファンドとのパフォーマンスは必ず
確認しておきたいポイントです。

今回は、NYダウに連動するインデックスファンドであるiFree NYダウ
・インデックス
と比較をしてみまよう。

見てわかる通り、終始、iFree NYダウ・インデックスのほうが
上回っています。これでは、高いコストを支払ってまで、投資を
する気にはなれません。


※引用:モーニングスター

最大下落率はどれくらい?

投資をするにあたって、気にあるのがどの程度下落するかでしょう。
標準偏差である程度は理解できるものの、やはり実際に下落したかは
気になります。

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』は2015年7月~2016年
6月までの1年間で▲18.47%下落をしています。

ファンドの運用においては、大きく下落することもありますが、
長期保有をすることでしっかりプラスのリターンが出ていますので、
くれぐれもパニック売りはしないようにしてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲10.58%
3カ月 ▲17.38%
6カ月 ▲18.60%
12カ月 ▲18.47%

※引用:2019年7月時点

分配金の推移は?

メジャー・リーダーの分配金は年4回(3、6、9、12月)行われます。
2016年以外は毎年1000円程度の分配がなされており、分配金目当ての
投資家から人気を集めているようです。

ただ、2019年は2018年のパフォーマンスがマイナスだったこともあり、
分配がされていません。

ただ、このブログでは何度も言っていますが、分配金は受け取らずに
再投資したほうが投資効率は確実に高くなります。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金
2019年 0円(残2回)
2018年 839円
2017年 1,681円
2016年 0円
2015年 1,050円

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで
一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入
している人が多いということなので、評判が良いということです。

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』は2016、2017年
と資金が毎月流出しており、評判が落ちていました。

しかし、2017年末から再び資金が流入しはじめ、評判を回復しはじめて
いると言えます。とは言ったものの、やはり、コストが高いことから、
NYダウに連動するインデックスファンドで十分という意見が多いですね。


※引用:モーニングスター

次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』の今後の見通し

このブログでも何度も紹介していますが、NYダウというのは非常に
優れた指標です。この指標をベンチマークとして採用しているのは
悪くないと思います。

しかし、NYダウをベンチマークとするインデックスファンドが現在では、
格安で購入できるようになり、パフォーマンスが圧倒的に優れているなら
まだしも、インデックスファンドに負けるような運用しています。

ですので、次世代米国代表株ファンド『メジャー・リーダー』には
現状、投資するメリットがありません。高いコストを払ってでも
分配金が毎年欲しいという方のみ投資をすればよいと思います。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆メジャー・リーダーから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?