最近流行りの8資産への分散投資ができるマイスタート。

とにかく1つに投資をするより、リスクが下がるから安全だと
勘違いしている人も多いようですが、実際に8資産分散型
のファンドというのはメリットがあるのでしょうか?

今日は、マイスタートについて、独自の目線で分析していきます。

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、国内外の8資産に分散投資を行い、中長期的に
安定的なリターンの獲得を目指します。

ファミリーファンド方式を採用しており、下記のようにパッシブ
ファンドで構成されています。


※引用:交付目論見書

運用の特徴は?

まず1つ目の大きな特徴として、ポートフォリオの変動リスクを
年率2%程度に抑えた安定的な運用を行います。

どのように抑えるのかということですが、下図のように、価格変動の
要因となる事象を均等に配分することで、どんなイベントにも平均的
なリスクしか取らないようにしています。


※引用:交付目論見書

リスク2%ということなので実際は下図のように国内債券や
先進国債券で投資比率が70%超となっており、株式の比率は
実質10%以下しかありません。

8資産にする理由がよくわかりませんね。


※引用:マンスリーレポート

そしてもう一つが、最近流行りの基準価額の下落を一定水準までに
抑える運用を行うことです。基準価額の10%下値が目安となると
思ってください。

特に投資信託を買って放っておいてしまうような人だと、久々に
基準価額を見たら、すごく下がっていたなんてことが起こりえます
ので、そういう意味では安心です。

しかし、そもそも年率2%程度のリスクしかとらない運用を行うにも
かかわらず、10%以上下落しないようにリスクヘッジをしている運用
というのは、何がしたいかよくわかりませんね。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少して
いると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを
生む可能性がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』は設立
してまだ1年程度ですが、200億円ほど集まっており、規模としては
全く問題ありません。

本当にマイスタートで大丈夫?マイスタートよりはるかに優れたアクティブファンド特集

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の
実質コストは1.10%と比較的低く設定されています。

しかし、通常のアクティブファンドよりコストは低めですが、この
ファンドが購入しているのは、超低コストのインデックスファンド
なので、それを考慮すると決して安いとは言えません。

リターンの約30%を手数料で取られていると考えれば、いかに高い
かがよくわかりますね。

購入時手数料 1.08%(税込)※上限
信託報酬 1.0692%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.10%(概算値)

※引用:運用報告書(決算日2018年11月)

運用のプロのポートフォリオを公開!投資マニアの運用実践記

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の評価分析

基準価額をどう見る?

マイスタートは設定後すぐに下落局面を迎えましたが、2019年
に入り、上昇しています。

リスクを2%と設定しているため、上昇率で言うと、そこまで
大きくはありませんが、しっかりと下落分を挽回しました。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の
直近1年間の利回りは2.44%です。

同カテゴリー内では、上位30%以内に入っていますので、
パフォーマンスとしては上々と言えます。

ただ、やはり高い信託報酬を取られるのは痛いですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 +2.44% 23%
3年
5年
10年

※2019年7月時点

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、リスクコントロール
世界資産分散ファンド『マイスタート』の基準価額のブレの大きさを
知るには役立ちます。

標準偏差は3以下となっており、同カテゴリー内でも堂々の上位3%に
ランクインしています。これだけリスクを抑えながら、リターンでは
上位3割に入る運用は評価してよいでしょう。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 2.84 3%
3年
5年
10年

※2019年7月時点

年別のパフォーマンスは?

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の年別の
パフォーマンスを見てみましょう。

2019年はこの調子でプラスのリターンで終わることができそうです。

年間利回り
2019年 4.07%(1-6月)

※2019年7月時点

最大下落率は?

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』に
投資をする前に、最大でどの程度下落する可能性があるのかを
知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではリスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の
最大下落率を見てみましょう。

最大下落率は3カ月で1.70%です。この下落率であれば、リスクを
恐れる投資家でも気軽に投資ができますね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲1.27%
3カ月 ▲1.70%
6カ月 ▲1.61%
12カ月 1.32%

※2019年7月時点

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで
一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入している人が
多いということなので、評判が良いということです。

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』は設定から
数カ月は資金流入が続きましたが、パフォーマンスの悪化とともに、
流出超過となりました。

しかし2019年に入り、パフォーマンスが回復してきたことで、
資金が流入超過となっています。つまり、また評判がよくなって
きているということです。

リスクコントロール世界資産分散ファンド『マイスタート』の今後の見通し

このブログではもう何度もお話ししていますが、8資産に分散して投資ができて、
かつ運用のプロがタイミングよく資産の比率を変えてくれると聞くと、とても
お得感を感じてしまいます。

しかし、運用業界にいればわかりますが、そんなタイミングよく資産構成比率を
変えることはできません。

マイスタートの資産構成比率を見ればわかりますが、株式とリートは合わせて
10%程度しかなく、それ以外は現金と債券のみで運用されています。仮に
株式比率を20%に変えたところで、そこまでパフォーマンスに影響を与えません。

リスクを2%以内に抑えるためには株式比率やリートの比率を高めれないため、
必然的に債券と現金の比率を高めておかなければならず、リスクは下がるけれども、
ちっとも増えないということになります。

結局、このファンドは、何も考えたくない(何も考えられない)投資初心者をターゲットに
耳ざわりによい言葉を並べたてて、資金を集めているファンドと言えると思います。

私は、海外の運用会社の方と話をする機会があるのですが、「日本人の考え方は理解できない。
なぜリスクをそこまで嫌うんだ。」と言われました。

私もまさにそのとおりだと思っており、資産が減るのが嫌なのであれば、投資をしないほうが
よいと思います。このように思ってしまう人はそもそも投資マインドが
まだしっかりできていないので、まずは投資に対する考え方を変えるところから
始めたほうがよいでしょう。