オーストラリア株式に投資をできる数少ないファンドである
ニッセイ オーストラリア高配当株ファンド。

いざ、投資を検討しはじめると、あることに気づきます。

同時期に、ニッセイアセットマネジメントからニッセイ豪州ハイ・インカム株式ファンド
『ラッキーカントリー』というファンドが出ており、中身を見てもほぼ同じ。
何が違うんだと思った人もいるのではないでしょうか?

結論から言ってしまえば、マネープールファンドに自分でスイッチングが
できるかできないかの差くらいなもので、ほぼ同じファンドです。

今日は、ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドについて徹底分析していきます。

ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドの基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、相対的に配当利回りの高い「株式」および「リート」を
実質的な投資対象とします。業種別手見ると、金融の比率が高く、次いでリート、
生活必需品と続きます。

ファンドの仕組みは?

ファンドの運用はファンド・オブ・ファンズ方式で行い、オーストラリア株式の実質的な
運用はレッグ・メイソン・アセット・マネジメント・オーストラリア・リミテッドが行います。

レッグ・メイソンは1899年に設立され、米国メリーランド州ボルティモアに本部を置く
歴史ある資産運用会社です。グループ全体では、85兆円もの資産を運用しています。
オーストラリア株式の運用については30年以上の実績があります。

さきほども言いましたが、ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドの場合、
相場が下落しそうだと思ったときに、マネープールファンド(現金と同義)に
一時的に資金を避難できるという仕組みがあるのも特徴です。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドは現在、1200億円ほどの規模になって
いますので、特に心配はありません。

ラッキーカントリーは直近2年ほどで大きく純資産を増やしているのですが、
同じファンドであるにもかかわらず、かなり純資産総額の動きには違いがあります。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

そして、ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドの実質コストは1.7928%と
かなり高いです。基本的には手を出してはいけないファンドですね。

購入時手数料 3.78%(税込)
信託報酬 1.7928%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.7928%(概算値)

ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドの評価分析

基準価額をどう見る?

現在の基準価額は5,175円となっています。分配金再投資の基準価額(青線)で見ると、
下がってはいませんが、1月末の相場の大暴落からまだ復活できておらず、
運用はうまくいっていないと言えます。

またタコ足分配が続いており、基準価額がかなり下がってきています。

利回りはどれくらい?

続いて、利回りを見ていきます。

直近1年間の利回りは▲1.70%、3年平均利回りが+2.63%、5年平均利回りが+5.75%と
なっており、パフォーマスがそこまで優れないにも関わらず、過剰な分配金を出せば、
当然基準価額は下がっていきますね。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率はどれくらい?

投資をするにあたって、気にあるのがどの程度下落するかでしょう。

標準偏差である程度は理解できるものの、やはり実際に下落したかは気になります。
ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドは2015年3月~2016年2月までの1年間で
最大-17.18%の下落をしています。下落幅は思ったよりも小さいですね。

分配金の推移は?

分配金は2017年3月までは毎月200円の分配がありましたが、4月には150円となり、
2018年4月には、ついに100円まで下落しています。

直近の分配金が200円にあがっているように見えるのは、4月分の分配が5月1日だったため
ですので、決して増えたわけではありません。

現在、基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りが22..8%とかなり高くなっており、
タコ足配当が続いています。分配金余力が12カ月を切ったので、減額したといったところでしょう。

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約している人が多い
ということなので、評判が悪いということです。

ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドは2017年以降資金が流出しており、
分配金が減り始めてようやく泥船にのっていることに気づいたのでしょう。

ニッセイ オーストラリア高配当株ファンドの今後の見通し

まず、オーストラリアの株式市場は、経済の回復基調や好調な企業収益の下支えもあり、
株価の押し上げ要因になると考えます。

2018年度の政府予算案でも所得税減税やインフラ投資に重点が置かれた内容となっており、
これも株価押し上げの要因となっています。

ですので、緩やかではありますが、今後も成長基調をたどるものと思います。

直近で分配金を100円にしたことで、分配金余力は回復したと思われますが、
それでもまだ分配利回りは22%ほどとなっており、ファンドの収益力に対して、
かなり過剰な分配を続けています。

このままいけば、そう遠くないうちに再度、分配金が減額されるでしょう。
正直、保有しているメリットは何一つないので、早めに解約することをお勧めします。