しんきんアセットマネジメントが運用するしんきん3資産ファンド(毎月分配型)。
しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)は、一応「バランス型ファンド」を
標榜していますが、その運用方針からして突っ込みどころ満載です。

初心者の投資家が勘違いをして購入すると、本来の目的とは異なる運用を
知らず知らずのうちにしている可能性があります。

今日は、しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)について徹底分析していきます。

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の基本情報

投資対象は?

投資対象は、国内株式、外国債券、Jリートの3資産に均等に分散投資をしていきます。
一見まともそうに聞こえますが、昨今のマーケットや経済環境を考えると、
国内債券に投資をしないというのはわかりますが、外国株式や海外REITを
あえていれずに、3つに分散している点に疑問が残ります。

これは、あくまでも予想ですが、しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)が設定された
2005年時点では、あえて3資産に絞ることで、アルファを狙いやすい市況環境だった
ということでしょう。

設定当時、あまりよく考えずに、アセットアロケーションを固定する方針に
してしまったため、この13年間アセットアロケーションを変えたくても
変えれなくなってしまったというのが本音ではないかと思います。

純資産総額は?

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。
ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の直近の純資産額は531億円と、
一時は1000億円近くまで積み上げていましたが、その後は
500億円~600億円で推移しています。

少なくともこの資産規模であれば、コストデメリットはないといえるでしょう。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の実質コストは1.046%とカテゴリー内では
低くなっています。ただし、近年のバランス型ファンドは購入時手数料がゼロの
ものも多く、あえて、高い手数料を払う価値があるのかは見極める必要があります。

購入時手数料 2.16%(税込)
信託報酬 1.026%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.046%(概算値)

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の評価分析

基準価額をどう見る?

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の直近の基準価額は8,126円となっています。
分配金再投資基準価額(青線)を見てみると、ここ3年で10%ほどは上昇していますので、
ある程度は安定した運用ができているといえそうです。

利回りはどれくらい?

直近1年のトータルリターンは、3.68%です。

5年平均利回りは+7.21%、10年平均利回りは4.84%となっています。
バランス型ファンドを購入する投資家にとってみれば、十分なリターンではないでしょうか。

ただ、カテゴリー内でのランキングを見ると、ここ5年間は上位50%程度となっており、
何ともいまいちな結果にとどまっています。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率は?

投資を検討するうえで、標準偏差などから、価格変動の範囲をある程度は予想できますが、
やはり実際に下落した度合いをみたほうがイメージがわきます。

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)は2007年11月~2008年10月の間に
最大▲33.90%下落しています。リーマンショック級の大暴落はそうそう来ない
とは思いますが、この程度下落しても耐えられるという人は投資をしてもよいと思います。

分配金の推移は?

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の分配金は、ここ2年半ほど30円で安定しています。
ただし、注意が必要なのは、分配金余力がすでに15.6カ月しかなくなっています。

ですので、ここ1年以内に分配金が減額される可能性が大いにあるという点は
意識しておいてください。

評判は?

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけしんきん 3資産ファンド(毎月分配型)を
解約している人が多いということなので、評判が悪いということです。

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)には、ここ1年ほど資金流入が続いています。
一見すると、評判がよくなっているように見えますが、このファンドの場合は
そうとも言えません。

もともと信用金庫というのは、投資信託の販売に積極的ではありませんでした。
しかし近年、収益が圧迫されており、新たな収益源として、投資信託の販売に
力を入れ始めたという背景があります。

ここで、問題となってくるのが、信用金庫自体、取り扱っているファンドが
かなり限定されており、例えば、近年メガトレンドとなっているAI関連ファンドや、
ロボティクス系のファンドは取り扱っていない信金が多いです。

そうすると、必然的に、販売できるファンドが限られて、リスクが低く見える
バランス型ファンドがよく売れるということになるわけです。

つまり、しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の資金流入は評判に
裏付けられたものではなく、信用金庫の顧客の選択肢が狭いことに
起因しているものだと思います。

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)の今後の見通し

しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)は10年平均利回りをみても、
約5%程度の利回りなので、今後もこの程度のリターンであれば、
実現可能だと思います。

一方で、本来バランス型ファンドというのは、アセットクラスを分散させて、
リスクを抑えながら、手堅く増やしていくというのがセオリーであり、
国内株式、国内リート、欧州債券の3つに絞るというのは、非常にナンセンスに感じます。

最近流行りのeMAXIS Slim 8資産均等型ファンドであれば、先進国株式、新興国株式、
国内株式、先進国債券、新興国債券、国内債券、先進国REIT、国内REITの8資産に
バランスよく分散できますし、下図のようにしんきん 3資産ファンド(毎月分配型)と
パフォーマンスを比較しても、eMAXIS Slim 8資産均等型ファンドのほうが上回っています。

ただ、根本的に私はバランスファンドはあまりおすすめしませんが。
バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか

ですので、バランス型ファンドで分散投資をしていきたいというのであれば、
しんきん 3資産ファンド(毎月分配型)は乗り換えることをお勧めします。