よくよく10年利回りランキングを見直してみると、
J-REITのランキングがありませんでしたので、
新しくランキングを作成しました。

J-REITは組入られる銘柄がそもそも60銘柄程度しか
ないため、正直ほとんどどのファンドを選んだとして
もパフォーマンスに大きな影響はありません。

ただ、その中でも、頭一つ抜き出たパフォーマンスの
J-REITもありますので、ぜひ投資の参考にしてください。

J-REIT型投資信託の10年平均利回りランキングを発表!

J-REITは現在87本あります。

その中で、2010年2月~2020年1月末までの10年間で
リターンの高かった上位20社をランキングにしました。

さて、どういった投資信託がランクインしているので
しょうか?

直近は運用体制が変わり、パフォーマンスがいまいちに
なっていることもありますので、10年平均利回りだけで
なく、直近の1年や3年の平均利回りも併せて確認して
おきましょう。

順位 銘柄 10年平均利回り
1 J-REITオープン(年4回決算型) 15.68%
2 ダイワ・アクティブJリート・ファンド(年4回決算型) 14.10%
3 J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型) 14.07%
4 DIAM ストラテジックJ-REITファンド 13.98%
5 eMAXIS 国内リートインデックス 13.77%
6 物件満彩 13.75%
7 みずほ J-REITファンド 13.63%
8 SMT J-REITインデックス・オープン 13.56%
9 三菱UFJ Jリートオープン(3カ月決算型) 13.45%
10 Jリートアクティブファンド(1年決算) 13.41%
11 インデックスファンドJリート 13.34%
12 Jリートファンド 13.29%
13 ビルオーナー 13.15%
14 新光 J-REITオープン 12.95%
15 ニッセイ J-REITファンド(毎月決算型) 12.93%
16 ダイワ J-REITオープン(毎月分配型) 12.88%
17 J-REITパッケージ 12.87%
18 野村 日本不動産投信(毎月分配型) 12.86%
19 ハッピー・オーナー 12.79%
20 オーナーズ・インカム 12.86%

※2010年2月~2020年1月末

10年平均利回りは12~15%と非常に高くなっており、
日本株や海外株の10年平均利回りとほぼ同水準です。

2020年2月更新!国内大型株式 投資信託のおすすめは?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

2020年2月更新!外国株式(グローバル型)投資信託のおすすめはどれ?10年平均利回りランキング ベスト20を発表!

ランクインしているファンドをみると、5位に東証
REIT指数に連動するeMAIXS 国内リートインデックス
が入っており、コストの分パフォーマンスが悪化
しているJ-RIETのアクティブファンドが多いようです。

J-REITがおすすめできる理由は、パフォーマンスも
そうですが、株式ファンドとの相関の低さです。

2018年が良い例ですが、株式ファンドが軒並みやられた
中で、J-REITは堅調に推移しました。

このように株式ファンドと組み合わせるとリスクを下げる
効果が期待できますので、ポートフォリオに組み入れる
検討をしてもよいと思います。

分配金を受け取らずに再投資をするか、最近は超低コスト
のインデックスファンドが増えているので、そちらに
投資するというのも選択肢でしょう。

どちらにしてもそこまで大きくパフォーマンスは変わり
ません。

あと何度もこのブログでは言っていますが、特段の理由がなけ
れば、毎月分配型のファンドに投資するのはくれぐれも
やめてください。

分配金は絶対に受け取らないほうがお得。数値で証明します。