三菱UFJ国際投信が運用している積立NISA向けのファンドには
大きく3つの種類があります。

一つは以前からある「eMAXISシリーズ」、もう一つが超低コストで
ネット証券向けの「eMAXIS Slimシリーズ」。

それから金融機関で相談できる「つみたてんとうシリーズ」です。

ベンチマークは同じなので、あとはコストの差になるのですが、
今日はこの「つみたてんとうシリーズ」から、日経平均株価に
連動する「つみたて日本株式(日経平均)」を徹底分析したいと思います。

つみたて日本株式(日経平均)の基本情報

投資対象は?

投資対象は、東証一部に上場している銘柄のうち代表的な
225銘柄です。

業種別の組入比率を見てみると、IT・機器といった業種の
組入比率が高くなっています。

組入銘柄の上位を見てみると、あなたもほとんどの企業の
名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。それだけ
有名な企業が組入られていると考えてください。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、つみたて日本株式(日経平均)の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも
見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまう
リスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

つみたて日本株式(日経平均)は下図のように2017年の新規設定以来、
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約60億円と
なっています。

ファンドの規模としては、少し心許ない規模で、この規模だと
運用コストが割高になっている可能性があります。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

特に日経平均に連動するファンドは運用会社各社が作っていますので、
運用リターンはほとんど変わりません。

そうすると、ファンドのパフォーマンスは実質コストの部分で
良し悪しを決めることになるわけです。

つみたて日本株式(日経平均)の実質コストは約0.201%となっており、
アクティブファンドなどと比べれば、十分に低いのですが、他の
インデックスファンドと比べると割高です。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.198%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.201%(概算値)

※引用:最新運用報告書

実質コストも加味して、私がオススメする最強のインデックスファンド

類似ファンドの実質コスト比較

類似ファンドの実質コストを比較をしてみましょう。

日経平均をベンチマークとして採用しているファンドは
実質コストはかなり低いのですが、それでも差があることは
わかります。

そこまで大きな差はないので、どのファンドを購入したと
しても大差はないのですが、せっかく購入するのであれば、
手数料は安いに越したことはありませんね。

ファンド 実質コスト(概算値)
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 0.176%
Smart-i 日経225インデックス 0.214%
たわらノーロード日経225 0.192%

 

つみたて日本株式(日経平均)の評価分析

基準価額の推移は?

つみたて日本株式(日経平均)の基準価額は、2018年10月に大きく
下落して以来、高値を更新できていません。

米国株や先進国株式は2019年に入ってからかなりもどしてきて
いますので、このあたりは明確に力の差を感じます。


※引用:モーニングスター

利回りは?

つづいて、つみたて日本株式(日経平均)の運用実績を
見てみましょう。

直近1年間の平均利回りは▲7.64%となっており、かなり
厳しい結果となっています。しかし、同カテゴリー内では、
なんと上位10%に入っており、日本株の厳しい現状がよくわかります。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲7.64% 10%
3年
5年
10年

※2019年9月時点

標準偏差は?

標準偏差は基準価額の変動幅を見る上で役に立つ指標です。

つみたて日本株式(日経平均)の標準偏差を見てみると、
19.75となっており、通常15程度なので、直近1年間は
値動きが大きかったことがわかります。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 19.75 42%
3年
5年
10年

※2019年9月時点

年別のパフォーマンスは?

つづいて、つみたて日本株式(日経平均)の年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

以下のように2018年はかなり厳しい結果となっています。

2019年に入ってから、ある程度回復してはいるものの、
それでも2018年のマイナス分を取り戻すまでには至って
いません。

年間利回り
2019年 7.37%(1-6月)
2018年 ▲10.45%
2017年

※2019年9月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資をするのであれば、同じベンチマーク
を採用しているファンドとのパフォーマンスを比較しておくことは
重要です。

実質コストを込みで考えると、信託報酬が安くても、パフォーマンス
が優れないといったことが時々起こります。

今回は、三菱UFJ投信が運用しているeMAXIS Slim 国内株式(日経平均)
とeMAXIS 日経225インデックスを比較をしてみました。

そうするとわずかではありますが、手数料の差だけeMAXIS Slim国内株式
(日経平均)が優れていることがわかります。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になる
のが、最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点です。

まだ設定来の期間が短くデータが少ないですが、最大下落率を
見てみましょう。

つみたて日本株式(日経平均)は2018年10月~2018年12月までの間に
▲16.81%下落しています。

下落が続いているとすぐに手放したくなる衝動に駆られる人もいる
かもしれませんが、マイナスの時に感情的になり手放すのは最も悪手です。

一度保有を決めたのであれば、もう少し中長期視点で考え、保有を
続けましょう。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲10.30%
3カ月 ▲16.81%
6カ月 ▲11.11%
12カ月 ▲10.45%

※2019年9月時点

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率
というのが運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

ベンチマークと差がついているのは、ベンチマークには配当収入分
が含まれていないためです。

その分を差し引きすれば、銘柄選択や組入によるマイナス要因は
ほぼゼロです。

ファンド ベンチマーク
▲3.2% ▲5.1%

 

評判はどう?

続いて、つみたて日本株式(日経平均)の評判を見ていきましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入
しているということなので、評判がいいということになります。

2017年の新規設定以来、毎月資金流入しており、2018年の
積立NISA開始と同時に純資産総額を大きく伸ばしています。

同カテゴリーでほぼ最安値の低コスト戦略が見事に人気に火を
つけていますね。


※引用:モーニングスター

つみたて日本株式(日経平均)の評価まとめ

インデックスファンドに投資をする投資家は、長期保有で手堅く
資産が増えることを望んでいる人がおおいと思います。

そのため、低コストであることも重要ですが、ベンチマークが
しっかり右肩上がりに成長していることが何より重要になります。

日経平均はリーマンショック以降、着実に右肩上がりに成長
していますので、悪くはない指数ではあるものの、どうしても
米国株や先進国株式と比べるとパフォーマンスで劣ります。

下手なアクティブファンドに投資するよりは、つみたて日本株式に
投資をするほうが健全ですが、つみたて日本株式をコアに置くのは
あまりおすすめできません。

あくまでポートフォリオの一部として、日本株式を入れておきたい
という人が投資をするのがよいと思います。

また実質コストベースでみるとやはりeMAXIS Slimシリーズのほうが
優れています。ネット証券をどうしても使いたくないという人以外は
eMAXIS Slimシリーズを購入することをおすすめします。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆eMAXIS Slim新興国株式インデックスから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?