高齢化社会が進行する中で、常に注目を集めているテーマが医療関連セクターです。
ただ、テーマとしては成長分野ではあるものの、大きく成長し続けているファンドが
ないのも特徴のひとつです。

さて、JPM グローバル医療関連株式ファンドはどうなのでしょうか?

今日は、JPM グローバル医療関連株式ファンドについて徹底分析していきたいと思います。

JPM グローバル医療関連株式ファンドの基本情報

投資対象は?

JPM グローバル医療関連株式ファンドの投資対象は、世界の医療関連企業の株式です。
医薬品、バイオテクノロジー、ヘルスケアサービス、医療技術(医療機器・器具等)
およびサイフサイエンスにかかる業務を行う企業を対象としています。

もう少し具体的に組入銘柄を見ていきましょう。

まず国別の比率で見ると、米国が約8割となっており、米国株式ファンドと言っても
よいくらいの比率となっています。

カテゴリー別の比率で見てみると、医薬品が約4割で最も高く、バイオテクノロジー、
医療機器・器具、医療・健康サービスがそれぞれ2割ずつになっています。

純資産総額は?

続いて、JPM グローバル医療関連株式ファンドの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できなかったり、
コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

JPM グローバル医療関連株式ファンドの純資産総額は、現在600億円程度となっています。
2015年には1200億円ほどありましたが、基準価額の下落とともに、純資産総額が減っています。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

JPM グローバル医療関連株式ファンドの実質コストは1.838%となっており、
カテゴリー内では割高となっています。

何より購入時手数料も高いので、相当よいファンドでないと投資する気にはなれない
コスト設定となっています。

購入時手数料 3.78%(税込)
信託報酬 1.83%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.838%(概算値)

※第20期 運用報告書(決算日2018年7月25日)より

JPM グローバル医療関連株式ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

JPM グローバル医療関連株式ファンドの基準価額は、2016年に大きく下落しましたが、
2016年末から順調に基準価額を伸ばしています。

何より、2018年以降の伸びは鋭く、多くのファンドが2018年1月末の高値水準を
超えられていない中で、大きな伸びを見せているのは評価できるポイントです。

利回りはどれくらい?

JPM グローバル医療関連株式ファンドの利回りを見てみましょう。直近1年間の利回りは
+17.53%となっています。3年平均利回りが+6.02%、5年平均利回りが+12.92%と
カテゴリー内でも高いパフォーマンスを維持しています。

気になるのは、3年平均利回りの順位だけかなり低くなっており、開発系の案件が
うまくいかずに株価が下落したことが考えられます。


※2018年9月時点

四半期別のパフォーマンスは?

インデックスファンド225の四半期別の運用パフォーマンスも下に載せておきます。
こちらもあわせて検討材料として利用してください。

最大下落率は?

投資するのであれば、ファンドがどの程度下落する可能性があるのかは知っておきたい
ところです。もちろん標準偏差から変動幅を予測することはできますが、やはり過去に
どの程度下落したことがあるのかを調べるのがよいでしょう。

JPM グローバル医療関連株式ファンドは2015年7月~2016年6月までの間に
最大▲31.30%下落しています。

評判はどう?

JPM グローバル医療関連株式ファンドの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけJPM グローバル医療関連株式ファンドを
解約している人が多いということなので、評判が悪くなっているということです。

JPM グローバル医療関連株式ファンドは、2015年に+40%程度のパフォーマンスを
出しており、資金が一気に流入しましたが、それ以降は、パフォーマンスが奮わず、
毎月資金流出が続いています。

JPM グローバル医療関連株式ファンドの今後の見通し

医療関連セクターは未だに満たされない医療ニーズに対して、革新的な治療法を提供する
企業に注目して投資をしており、中長期的には成長が期待できると思います。

ただし、当初想定していた新薬や新機器の臨床試験結果がふるわないと、
株価に大きな影響が出ます。

医療の分野は将来性はあるものの、投資するとなると、一歩引いて冷静に考える必要が
あると思っています。

下に、JPM グローバル医療関連株式ファンドと、世界的に有名な株価指標である
MSCIコクサイとMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスとの比較してみました。

一目でわかる通り、MSCIコクサイやMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスの
ほうが優れていることがわかります。

つまり、現状コストの高いJPM グローバル医療関連株式ファンドよりも、MSCIコクサイを
ベンチマークとするインデックスファンドに投資をしたほうが賢明ということです。

テーマ型ファンドがとにかく好きな人は別にして、JPM グローバル医療関連株式ファンドに
率先して投資する理由は見当たらないと言えますね。