10年以上前から運用されており、とても高いパフォーマンス
を出し続けているnetWIN GSテクノロジー株式ファンド。

 

何度もモーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーを
受賞し、10年平均利回りが10%を優に超えており、非常に
優れたファンドの1本です。

 

netWIN GS テクノロジー株式ファンドは米国株式が中心の
ファンドでしたが、今回netWINシリーズの後継として登場
するのがGSアセットのGS フューチャー・テクノロジー・
リーダーズ『愛称:nextWIN』です。

 

 

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ『nextWIN』の基本情報

投資対象は?

nextWINの投資対象は日本を含む世界の株式です。

 

主にテクノロジーの活用または発展により恩恵を受け、
将来のリーダーになると期待される企業の株式に投資を
していきます。

 

テクノロジー業界は北米企業がけん引してきましたが、
アジア、欧州、新興国などでも将来のテクノロジー・
リーダー企業が誕生しており、のちほど紹介しますが、
北米以外の優れたテクノロジー企業に投資をしていきます。

 

nextWINの国別の構成比率を見てみると、北米が56%と
半分を占めています。

 

netWINはほぼ100%が米国株式でしたので、今回はアジア、
欧州、日本の比率がかなり高まっています。

 

ただ、銘柄の選定方法はnetWINと変わりませんので、
同じファンドチームが運用に携わるのでしょう。

 


※引用:マンスリーレポート

 

nextWINの業種別比率を見ると、テクノロジーファンド
だけあり、情報技術の比率が高くなっています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

では、具体的にどのような企業が組み入れられているのか
見ていきます。

 

netWINと違い、米国以外の企業が上位に組み入れられて
おり、とても興味深いですね。

 

1位のメルカドリブレは中南米最大のEコマース企業で、
2,7億人の会員数を有します。

 

中南米はインターネットの普及率が先進国と比べると
いまだに低いため、大きな成長機会があると考えられます。

 

4位のアディアンは急速に利用が拡大する国際決済サービス
のスタートアップです。

 

数多くの支払い手段や決済におけるプロセスを一元化して
対応できる体制を有しています。

 

7位のメイチュアン・ディアンピンはフードデリバリーや
レストランの口コミ情報サイトを主軸事業とする中国の
プラットフォーマーです。約4億人が同社のサービスを利用
しています。

 

※引用:マンスリーレポート

 

コストは?

nextWINの購入時手数料は.3.3%、信託報酬は1.7875%です。
購入時手数料、信託報酬ともにかなり割高です。ここまで
手数料が高いとそう簡単には投資ができません。

 

限定為替ヘッジか為替ヘッジなしのどちらがいいか?

基本的に私は為替ヘッジなしをおすすめしていますが、為替
リスクがどうしても怖いという方は限定為替ヘッジを選択
してもよいでしょう。

 

限定為替ヘッジは、下図のように、日本円を除く外貨資産に
対して、米ドル売り円買いの為替予約取引を行います。

 

米ドル以外の通貨部分だけ、為替変動の影響を受けますので、
為替ヘッジなしと比べると為替リスクを半分以下に抑えられます。

 


※引用:交付目論見書

 

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ『next WIN』の評価分析

正直、まだ登場したばかりなので、評価するのは難しいと
いうのが正直なところです。

 

通常であれば、2~3年は様子を見て、インデックスファンド
を上回る成果を上げられるかを確認します。

 

そうでなければ、あえて高いコストを支払う理由がありません。

 

ただ、あのnetWINと似たような運用をするということで
あれば、話が変わってきます。

 

やはりすでに高いパフォーマンスを出し続けている運用チーム
が担当するのであれば、期待ができます。

 

とても今後が楽しみなアクティブファンドの1本ですね。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点