2016年にモーニングスターのファンドオブザイヤーを受賞した
グローバル・ロボティクス株式ファンド。

新規設定以来、非常に人気が高いテーマで、3000億円をこえる
規模にまで成長しています。

人口が減少していく社会において、労働力の補完として間違いなく
必要ですし、新興国の高成長に伴い労働コストが増大している
分野への補完としても必要不可欠だと私も考えています。

グローバル・ロボティクス株式ファンドは1年決算型と年2回決算型が
ありますが、今日は1年決算型について分析しいてきます。

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の基本情報

投資対象は?

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の投資対象は、今後
成長が期待されるロボティクス関連企業の株式に投資をしていきます。

ここでいうロボティクス関連企業というのは、産業用、サービスような
ロボットだけでなく、ロボット関連技術であるAIやセンサーなどの
開発に携わる企業も指しています。

現在は51銘柄で構成されており、組入構成比率は以下のようになっています。

アメリカが上位であることには何の疑いもありませんが、日本の比率が
30%超あるというのが特徴のひとつと言えます。

組入上位10銘柄では、キーエンス、日立製作所、ファナック、ソニーなど
有名な日本企業が名を連ねています。


※引用:マンスリーレポート

運用体制は?

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の運用は、実質ラザード・
アセット・マネージメントが担当しています。

この会社は160年の歴史を誇る投資銀行であるラザード・フレール
&カンパニーの資産運用部門として1970年に設立されており、

たぶん名前を聞いたことはないと思いますが、株式運用に強みを
持つ資産運用会社ということで世界的に有名な会社です。

ラザード社は株式運用の中でもアクティブ運用を得意としており、
同社が運用する米国籍株式アクティブファンドは264億米ドルと
海外でも多くの投資家の支持を集めているのも特徴です。

サラリーマン気質の抜けない無能な日本のファンドマネージャーより、
海外の第一線で運用を任されている運用チームのほうが信頼できますね。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性
がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)は、2015年8月の
設定以来、着実に純資産を増やし、一時期は5000億円を越える規模
にまで成長していました。

しかし2018年10月末以降は、パフォーマンスが優れないため、資金が
流出し、現在では約3500億円にとどまっています。

とは言っても、規模としてはかなり大きく、規模によるデメリットは
考える必要はありません。

テーマ型ファンドは2~3年でダメになることも多いのですが、
まだロボティクスの分野は伸びしろがありますので、純資産額も
増えそうです。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の実質コストは1.927%と
前期よりは低くなったものの、未だかなり高くなっています。何より
販売手数料はぼったくり以外の何物でもありません。

パフォーマンスが良くなければ、絶対に買ってはいけないファンドですね。

購入時手数料 3.85%(税込)※上限
信託報酬 1.936%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.927%(概算値)

※引用:最新運用報告書

本当にグローバル・ロボティクス株式ファンドで大丈夫?10年以上圧倒的なパフォーマンスのアクティブファンド特集

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の評価分析

基準価格の推移は?

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の基準価額は
現在15,000円近辺で、2018年10月以降に大きく下落した分は、
すでに取り戻してはいますが、2018年の高値を更新することは
できていない状況です。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の直近1年の利回りは
▲7.58%となっています。同カテゴリー内でも下位30%に入っており、厳しい
結果となりました。

一方、3年平均利回りでみると、上位10%程度に入っていますので、一時的な
下落であると思いたいですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲7.58% 70%
3年 +11.47% 12%
5年
10年

※2019年9月時点

標準偏差は?

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内では下位10%に入っています。

2018年にかなり大きく下落しましたので、基準価額の変動幅を示す
標準偏差の値が大きくなってしまいました。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 27.74 90%
3年 18.03 94%
5年
10年

※2019年9月時点

年別のパフォーマンスは?

では、グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の年別の
パフォーマンスを見ていきます。

2018年は大きくマイナスとなってしまいましたが、2016年、2017年は
しっかりとプラスのリターンを出しており、2019年も10%超のリターンを
期待できそうです。

年間利回り
2019年 17.29%(1-6月)
2018年 ▲18.68%
2017年 34.65%
2016年 7.20%

※2019年9月時点

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)に投資をするのであれば、
より低コストのインデックスファンドとパフォーマンスを比較して
おきたいところです。

テーマ型ファンドなので単純に比較するのが難しいのですが、
グローバル株式ファンドなので、先進国株式の代表的な指標である
ニッセイ 外国株式インデックスと比較してみます。

直近3年間では、グローバル・ロボティクス株式ファンドのほうが
終始優れていることがわかります。

これであれば、高いコストを支払ってでも投資をする価値がありますね。


※引用:モーニングスター

最大下落率はどれくらい?

投資するにあたって、最大どの程度下落する可能性があるのか
知っておくことは非常に重要です。

結局、多くの人が、大きな下落を経験すると、もうこれ以上は
損をしたくないと思い、基準価額が大きく下がったタイミングで
売却してしまうのです。

しかし、大きく下げたあとは、大きく戻るというのが基本であり、
事前にどの程度下落するかを知っておくことで、一番下げきった
ところで売却してしまうことを避けることができます。

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の最大下落率は3カ月間で
19.23%下落したことがあります。

まだ運用期間も短いこともあり、そこまで大きな下落は経験して
いませんが、株式ファンドだと30%超の下落は起こり得るものだ
と思っておいたほうがよいと思います。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲12.30%
3カ月 ▲19.23%
6カ月 ▲13.24%
12カ月 ▲18.68%

※2019年9月時点

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入
している人が多いということなので、評判がいいということです。

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)は2015年の設定時は
1000億円単位で資金が流入していましたが、2018年1月以降は、流出超過
が続いています。

直近ではあまり評判もよくないのが現状です。


※引用:モーニングスター

グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)の今後の見通し

あなたは第四次産業革命という言葉をご存じでしょうか?

世界の製造業では、ロボットやAI、IOTといった最新の技術を駆使して、
すべての工程を人の手を介さずに自働化するという取り組みが活発に
行われています。

近年ではRPAといって、定型業務の自働化が流行となっており、
製造業だけでなく、サービス業にも第四次産業革命の波が到達している
と私は思っています。

米中貿易問題の交渉の行方は依然として不透明ですが、技術進歩や
ロボティクスによる自働化導入は着々と進んでおり、魅力的な市場
であることには変わりありません。

米国の保護主義的な動きは、中国などの人件費の安い国での集中生産
から輸送費や税率の高低などの諸要因を考慮した生産拠点の分散を
促すと考えられ、ロボティクス導入を促進する面もありそうです。

いずれにしても、現状、先進国株式のインデックスファンドよりも
高いパフォーマンスを残しているので、投資する価値は十分にある
と言えますね。

 

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆グローバル・ロボティクス株式ファンドから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?