全国各地の信用金庫のみで取り扱われているしんきん インデックスファンド225。
もともと投資信託の販売にはあまり積極的でなかった信金ですが、新たな収益源の
確保を目指して一部の信金では投資信託の販売が活発化しています。

信金だけで取り扱われているから、何かしらメリットがあるのか?と
思ってしまいますが、どちらかというと問題点しかありません。

今日は、しんきん インデックスファンド225について徹底的に分析していきます。

しんきん インデックスファンド225の基本情報

投資対象は?

投資対象は、日経平均株価採用銘柄を主要投資対象とし、日経平均株価(日経225)に
連動する投資成果を目指して運用を行います。

日経平均株価は東京証券取引所一部上場銘柄のうち、代表的な225銘柄を対象として
算出される株式銘柄です。日経225の上位銘柄は下図のようになっています。

では、しんきん インデックスファンド225に実際に組入れられている銘柄を見てみると、
ほぼ変わらないことがわかります。まさに連動していますね。

ベンチマークの推移は?

日本株のインデックスファンドに投資をするのであれば、日経225かTOPIXに
連動したインデックスファンドだと安易に選択する人が多いですが、そもそも
ベンチマークとなる指標がしっかり右肩上がりに伸びていなければ、あなたの
資産も減る一方です。

ですので、インデックスファンドに投資をするのであれば、ベンチマークの
推移を必ずチェックするようにしてください。

私が、国内のインデックスファンドをあまりおすすめしない理由のひとつが、
上手のように、日経平均株価は1989年が最高値であり、右肩上がりに
成長している指標ではないという点です。

世界には右肩上がりに成長しつづけている指数がありますので、日本株に
こだわりがない人は確実にS&P500やNYダウ等に連動するインデックスファンドを
購入したほうがよいでしょう。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと
思ってください。インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも
見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できず、インデックスから乖離してしまうリスクがあります。また純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを
生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

しんきん インデックスファンド225は一時期700億円ちかくまで膨らみましたが、
現在は450億円程度となっています。特に規模の大きさは問題ありませんね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

日経225連動型のファンドは運用会社各社が作っていますが、運用リターンは
ベンチマークに連動するため、どこも差がつきません。
そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。

しんきん インデックスファンド225の実質コストは0.896%で、
日経225に連動するファンドの中では、かなり割高です。

主要インデックスファンドのコスト比較表はこちら

購入時手数料 0
信託報酬 0.864%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.896%(概算値)

しんきん インデックスファンド225の評価分析

基準価額の推移は?

しんきん インデックスファンド225の基準価額は、2016年から
右肩上がりに上昇しており、2018年の1月末の市場の大暴落時まで
上がり続けました。

しかし、暴落以降は、当時の高値をなかなか超えられずにいるような状態です。

つづいて、同じ日経225をベンチマークとする主要なインデックスファンドと
基準価額の推移を比較してみました。

やはりコストが高い分、しんきん インデックスファンド225は
パフォーマンスで一番劣ってしまっています。

これでは、投資するメリットがありません。

利回りは?

しんきん インデックスファンド225の直近1年間の利回りは14.33%となっています。
5年平均利回りで+11.51%、10年平均利回りで+6.32%となっており、
悪くないパフォーマンスですね。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。
しんきん インデックスファンド225は2007年11月~2008年10月に
最大▲48.30%下落していたことがわかります。

リーマンショック級の大暴落がすぐに来る可能性は低いですが、
これくらいの下落はあるものと思っておきましょう。

評判はどう?

続いて、このファンドの評判を見ていきたいと思います。
評判をはかる指標としては、ファンドへの資金流出入額が参考になります。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、人気が出てきているということになります。

しんきん インデックスファンド225は資金が流入しては流出し、
流出しては流入しを繰り返しています。

他の低コストインデックスファンドでは、直近流入が続いていることを
考えても、あまり評判が良いとは言えません。

まとめ

インデックスファンドを選ぶ場合、ベンチマークは同じことが多いので、
実質コストで最終的にはパフォーマンスが変わってきます。

特に、近年はコスト競争が激化しており、ETFと変わらないレベルの
インデックスファンドが続々と登場しています。

しんきん インデックスファンド225の場合、さきほども話をしたように、
他のインデックスファンドよりもコストが高いため、パフォーマンスが
悪くなっています。

信用金庫にしか口座を持っていない人にとっては、他に選択肢がない
ということもあるかもしれませんが、他に証券口座や銀行口座をお持ちの場合は、
他の日経225に連動するインデックスファンドを購入することをお勧めします。