米国株式が非常に好調のせいか、米国株式を切り口に
色々な運用戦略を採るファンドが続々と登場しています。

今回、三井DSアセットから登場するテトラ・エクイティ
もまさにその一つです。

一見すると非常に合理的な4つの戦略で運用をしていますが、
果たして実際のパフォーマンスはどうなのでしょうか?

今日はテトラ・エクイティについて分析していきます。

テトラ・エクイティの基本情報

投資対象は?

テトラ・エクイティの投資対象は米国S&P500株価指数先物
です。

先物取引は下図のように買いからだけでなく、売りからも
入れるので、うまく相場を予測できれば、上昇局面だけで
なく、下落局面でもしっかりと利益を狙っていけます。


※引用:交付目論見書

ですので、収益のイメージは以下の右図のようにS&P500が
上昇しようが下落しようが絶対収益を狙っていくという
投資戦略です。

理論的にはまさにそのとおりなのですが、私の知る限り、
買いも売りもうまく運用ができているファンドはほとんど
知りません。


※引用:交付目論見書

4つの投資戦略は?

テトラ・エクイティの最大の特徴は以下の4つの投資戦略を
組み合わせている点です。


※引用:交付目論見書

(1)の日中トレンド戦略はS&P500先物の終値と翌日の価格の
方向から、トレンドを予測し、上昇しそうだと思えば、先物
を買い建て、下落しそうだと思えば、先物を売り建てる戦略
です。

ポジションはその日の取引終了時刻で精算するので、まさに
デイトレード戦略です。

(2)の月初トレンド戦略は米国では確定拠出年金の買い付けが
月初の数営業日は株価が上昇しやすいトレンドがあります。

そのため、月初の3営業日に限り、S&P500先物を買い建てる
戦略です。

一見するとかなり合理的な考えですが、機関投資家であれば、
当然このようなことは誰でも知っているので、パフォーマンス
にどの程度影響があるのか甚だ疑問です。

(3)の月中トレンド戦略はS&P500オプションの満期乗り換えに
伴って、株式相場に影響を与えることがあります。

そこを狙って、オプション満期日の4営業日前のトレンドを見て、
S&P500を買ったり、売ったりする戦略です。個人投資家でも
似たようなことを考える人がたくさんいますが、あまり成果が
出ているという話は聞きません。

(4)の月末トレンド戦略はリバランスによって生じるトレンド
を捉えます。

株式相場が好調であれば、月末のリバランスで株を売却する
人がいますので、S&P500先物を売り建てるというわけです。

合理的に考えられているようには見えるのですが、大勢が
知っている内容では、すでに対策が取られてしまっている
ことも多く、どの程度この4つの運用戦略が効果を発揮する
のか見物です。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくで
きず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

テトラ・エクイティの純資産は運用からまだ3カ月程度
ですが、すでに100億円を集まっており、順調な滑り出し
です。

ただ、後述しますが、運用はあまりうまくいっていない
ようなので、今後資金が流入するかは甚だ疑問が残ります。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外
に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含ま
れています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高
くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断
をしなければなりません。

まだ運用報告書が出ていないので、実質コストはわかりません
が、少なくとも購入時手数料で2.2%、信託報酬が0.954%と
決して安くはない水準です。

このような水準の場合はインデックスファンドとパフォーマ
ンスを比較するのは必須ですね。無駄に高いコストを支払う
メリットはありません。

テトラ・エクイティの評価分析

テトラ・エクイティの基準価額は?

テトラ・エクイティの基準価額は設定来、あまり奮って
いません。

多くのS&P500自体は年末にかけて大きく上昇した中で、
ほとんどプラスのリターンを残せていないというのは、
少なくとも戦略がうまくはまっていないとう証拠です。


※引用:モーニングスター

テトラ・エクイティの期待リターンは?

新規設定されるファンドでは、最近お馴染みになった運用
シミュレーションです。

シミュレーションでは12年間で6倍程度のパフォーマンス
となっています。

ちょうどリーマンショック前からデータを切り出している
ので、パフォーマンスがとても高いように見えますね。

運用期間が意図的に区切られているので、参考程度に見て
おくようにしましょう。


※引用:交付目論見書

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

テトラ・エクイティに投資を検討しているのであれば、より
低コストのインデックスファンドとのパフォーマンスは比較
しておいて損はありません。

テトラ・エクイティがS&P500の先物で運用しているので、
今回はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と比較をしてみたい
と思います。

まだ運用が始まってから数カ月しかたっていませんが、
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のほうが圧倒的にパフォー
マンスは優れています。

この結果を見る限り、現時点であえて高コストのテトラ・
エクイティに投資をするメリットを感じません。

もう少し運用の状況を見てから購入の判断をするように
してください。


※引用:交付目論見書