シーゲル博士の米国株式投資術を知っている人であれば、
配当利回りが相対的に高い企業への長期投資が中長期での
パフォーマンスがかなり良くなるという話はご存知かと
思います。

 

シーゲル博士の書籍はベストセラーとして多くの投資家が
バイブルとして実践しているので、楽天VYMが登場した
当初は人気がでるか?と思いました。

 

しかし、運用が開始されて2年経ちますが、そこまで人気が
出てもいません。

 

それはなぜなのか、楽天VYMを徹底分析していきます。

 

 

『楽天VYM』楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの基本情報

投資対象は?

楽天VYMの投資対象は米国の高配当株式です。米国の
高配当銘柄の銘柄を対象とするFTSE ハイディビデンド・
イールド・インデックス(円換算)に連動する投資成果を
目指します。

 

組入資産を見てわかるとおり、実際はバンガード・米国
高配当株式ETFであるVYMに投資をしていきます。

 

投資信託について少し勉強したことがある人であれば、
バンガードの名前を知らない人はいないと思いますが、
バンガードとは、世界最大級の運用会社でローコスト
リーダーとして、インデックスファンドのシェアは世界一
です。

 

日本でも超低コストのインデックスファンドに投資を
できるようになったのも、こういった超低コストで運用
されているETFに間接的に投資ができるからですね。

 


※引用:マンスリーレポート

 

楽天VYMの組入銘柄を見てみると、10年、15年と連続
増配を続けている安定・優良企業が上位にランクイン
しています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

 

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

 

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

楽天VYMの純資産総額は21億円と純資産総額は増加傾向に
あるものの、規模としては大きくありません。

 

やはり、シーゲル流の投資術を実践している人であれば、
個別株に投資をしている場合のほうが多いでしょうし、

 

S&P500や米国全体に投資ができるファンドのほうがパフォ
ーマンスも優れているので、そこまで注目している投資家が
いないと言えます。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

 

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

 

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

楽天VYMの実質コストは0.431%となっており、信託報酬と
比べると2倍を超える金額となっています。

 

これは、ファンドの規模が小さいことにより、相対的に
コストが割高になってしまっているのが原因です。

 

今後、そこまで大きく成長していく要因がないため、当面、
信託報酬に比べると実質コストが割高になるのは我慢する
しかないでしょう。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 なし
信託報酬 0.192%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 0.431%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

『楽天VYM』楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

楽天VYMの基準価額はコロナショックの影響で1万円を
割れてしまっています。

 

のちほど比較をしますが、ほかの米国株式インデックス
ファンドと比べると、基準価額の上昇が芳しくないです。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

楽天VYMの直近1年間の利回りは▲0.98%とマイナス
リターンとなっています。

 

高配当株式というのは、すでに成長期・成熟期を迎えた
企業なので、そこまで高い株価の成長が期待できません。

 

そのため、どうしてもS&P500やNYダウと比較をすると
パフォーマンスで劣後してしまいます。。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解
していますか?

 

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲0.98% 64%
3年
5年
10年

※2020年3月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

標準偏差は、楽天VYMの基準価額の変動幅の大きさを知る
には役立ちます。楽天VYMの標準偏差は16程度なので、
一般的な株式ファンドとほぼ変わりません。

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 15.95 42%
3年
5年
10年

※2020年3月時点

 

年別のパフォーマンスは?

楽天VYMの年別のパフォーマンスも見てみましょう。

 

2019年は年間利回り22.86%ととても高い数値となりました。
ただ、ここには表れていませんが、2020年のコロナショック
の影響を加味すると、トータルではプラスとなってはいません。

年間利回り
2019年 +22.86%
2018年 1.27%(4-12月)

※2020年3月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

楽天VYMへの投資を検討する人の多くが、他のインデッ
クスファンドとどちらが良いのかを検討しています。

 

今回は、米国の小型株~大型株まで幅広く分散投資が
できる楽天・全米株式インデックスファンドと米国の
主要な指数であるS&P500に連動するeMAXIS Slim 米国
株式(S&P500)
を比較しています。

 

どれも米国株ファンドなので似たような動きにはなって
いますが、パフォーマンスという観点では楽天VYMが
一番悪いという結果になりました。

 

この結果を見ると、あえて楽天VYMへ投資をする理由
というのは思い浮かびません。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

楽天VYMに投資をする前に、最大でどの程度下落する
可能性があるのかを知っておくことは非常に重要です。

 

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、
大きく下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

 

それではここで楽天VYMの最大下落率を見てみましょう。

 

まだ運用期間が短いので、あまり大きな下落は経験して
いませんが、今後コロナショックの影響が出てくると
20~30%の下落にはつながると思います。

 

自分の中で許容できる範囲で損失額を計算しながら投資を
しておかないと、いざという時に精神的に不安になり、
最悪のタイミングで手放すことになりかねません。

 

以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性
を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲10.60%
3カ月 ▲12.43%
6カ月 ▲5.08%
12カ月 ▲5.53%

※2020年3月時点

 

評判はどう?

それでは、楽天VYMの評判はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の
流出入を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が
悪くなっていれば、資金が流出超過になります。

 

楽天VYMは資金が流入している月のほうが多いですが、
2019年には資金流出が超過している月も出てきており、
評判はそこまで良くありません。

 

やはりeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)や楽天全米株式
インデックスファンドのほうがパフォーマンスから見ても
人気ということですね。

 


※引用:モーニングスター

 

『楽天VYM』楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドの今後の見通し

高配当銘柄に投資をしていく戦略は、株価が下落すると
配当利回りが高くなるので、最終的に長期でみればリタ
ーンが高くなるという理論をもとに投資をしていく戦略
です。

 

ただ、直近の株式にはあまり当時の事例があてはまって
いないようです。

 

直近、コロナショックで米国株式が大きく下げました。

 

最高値から20%超の下落をしており、各メディアがリセ
ッション入りを報じています。

 

こういった局面でこそ、高配当銘柄の強みが生かされて
きますので、今後、パフォーマンスにどのように効いて
くるかとても楽しみです。

 

あえて今買うべきファンドではないと思いますが、eMAXIS
Slim 全米株式(S&P500)や楽天・バンガード 全米株式インデ
ックスとパフォーマンスの観点でどのように差がついてくる
のか注目していきたいと思います。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点