2008年のリーマンショックでほぼすべての金融市場で大暴落が起き、
多くの投資家が大損をしましたが、そんな2008年にプラス+20%以上の利益を
出していたファンドがあります。

それが、マン・インベストメンツ社のグループ会社であるAHL社が運用する
「マンAHLダイバーシファイド」です。

今日はそんなAHL社の運用プログラムを組み込んでいる
ロボット戦略 世界分散ファンド『資産の番人』について、徹底的に分析していきます。

ロボット戦略 世界分散ファンド『資産の番人』の基本情報

投資対象は?

ロボット戦略 世界分散ファンド『資産の番人』の投資対象は、
マン・AHL・ダイバーシティ・オルタナティブが発行する外国投信を通じて、
先進国および新興国の株価指数先物取引、債券先物取引、金利先物取引、
および為替先渡取引などを活用し、100以上の市場に幅広い資産に投資をしていきます。

通常の投資信託とは異なり、株式や債券を直接購入するわけではなく、
指数に絞って投資をしていくというのは特徴的です。


※引用:交付目論見書

運用の体制は?

運用は1987年創業以来、一貫してコンピューター運用の実績をもつ
英国のAHLパートナーズLLPが行います。

AHLはロンドンに本拠をおくマン・グループのグループ会社で、
世界最先端のクオンツ運用を行っています。

クオンツ運用というのは、金融工学等の知識を駆使し、数学的な手法で分析し、
人の判断をいれずにすべてコンピューターが売買を行う運用です。

120名超もの数学博士や物理学博士が最先端のトレーディング・テクノロジー
を研究しており、クオンツ運用でAHL社の右に出るものはいないでしょう。

運用の特徴は?

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』の投資判断は
すべてコンピューターがおこない、原則トレンド・フォロー型の運用を行います。

上昇トレンドや下降トレンドをいち早く発見しトレンドに乗っていきますので、
急な反転がないような局面で、一番力を発揮する運用手法です。

逆に、急に相場が下落したり、トレンドの方向性が定まらないようなときは
損失が発生する可能性があります。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬコスト増となりますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』は、現在210億円となっています。
規模としては問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストに注意しなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』の実質コストは2.21%と
非常に高くなっています。

外国籍の投資信託を購入するとどうしてもコストがかさみますが、
信託報酬が高いのであれば、相応のパフォーマンスを発揮してもらわないと
購入する気になれませんね。

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 2.1936%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 2.21%(概算値)

※引用:第4期 決算報告書(決算日2018年8月22日)

ロボット戦略 世界分散ファンド『資産の番人』の評価分析

基準価額をどう見る?

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』の基準価額は
現在、9800円程度となっています。

2018年1月末の大暴落の影響をもろに受けた後は、右肩下がりのトレンドとなっており、
2018年はクオンツ運用の強みがまったく発揮されていません。


※引用:モーニングスターWEBサイト

利回りはどれくらい?

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』の直近1年間の利回りは
▲6.21%となっています。

悲惨な結果となってはいますが、私個人としては、8資産分散型のバランスファンドよりも、
資産の番人のようなクオンツ運用のほうが安定するのではないかと考えており、まだ
設定してからの期間が短いため、今後の動向には注目していきたいですね。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※引用:モーニングスターWEBサイト

四半期別のパフォーマンスは?

ロボット戦略 世界分散ファンド『資産の番人』の四半期別のパフォーマンスを見てみると、
2017年も他のファンドと比べて大した結果を残せていないのと、2018年は悲惨な結果と
なっていることがわかります。


※引用:モーニングスターWEBサイト

分配金の推移は?

つづいて分配金の推移を見てみましょう。

ロボット戦略 世界分散ファンド『資産の番人』は毎年2月と8月に分配金を出しており、
毎回100円の分配となっています。

基準価額に対する分配金の割合を示す分配利回りは1.94%と抑えられていますので、
分配金が大きく減る心配はなさそうです。


※引用:モーニングスターWEBサイト

評判はどう?

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』の評判はネットでの書き込みなどで
調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入している人が多い
ということなので、評判が良いということです。

2018年1月末の市場の暴落をうまく乗り切れなかったということで、人気に陰りが出てきており、
直近では毎月資金が流出超過となっています。


※引用:モーニングスターWEBサイト

ロボット戦略 世界分散ファンド 『資産の番人』の今後の見通し

リーマンショックのときのように市場が大暴落を起こすタイミングで
プラスのリターンが出せる可能性のある運用というのは、非常に魅力があります。

2018年1月末の市場の暴落時は、うまくシステムトレードが機能しませんでしたが、
今後精度が高まれば、非常に面白くなってくると思います。

コストが高いため、今のタイミングですぐに購入するようなファンドでは
ありませんが、クオンツ運用の精度が高まってこれば、ひとつ持っておいて
よいファンドになってくると思います。